タグ:クロード・ドビュッシー の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ブラックミュージックをいち早く取り入れたドビュッシー

月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集
(1995/07/25)
アース(モニク)

商品詳細を見る



 クロード・ドビュッシー 8月22日生まれ 


「牧神の午後への前奏曲」、「月の光」など、多くの幻想的で優美な作品で知られるドビュッシーは、それまでの常識や技法にとらわれない独自の曲作りで、それまでドイツ系が活躍していた音楽界の流れを変えた一人でした。
ドビュッシーは特定の作曲家に影響を受けたというより、たとえば詩や絵画など音楽以外の芸術や、海や風などの自然界にあるもの、アジアやスペイン、ロシアなど異文化を持つ国の音楽から着想を得ることが多かったようです。


私生活では女性関係で何度か問題を起こし、そのことで数人の友人を失ったり、ややエキセントリックな傾向も見られたようですが、駆け落ちした人妻との間に娘〈愛称シュウシュウ・1905年生まれ)を授かると、女性関係もすっかり落ち着き我が子を溺愛したそうです。
その愛する娘、シュウシュウに捧げたのがピアノ組曲「子供の領分」でした。

  ・グラドゥス・アド・パルナッスム博士 (Doctor Gradus ad Parnassum)
  ・象の子守唄 (Jimbo's lullaby)
  ・人形へのセレナード (Serenade of the doll)
  ・雪が踊っている (The snow is dancing)
  ・小さな羊飼い (The little shepherd)
  ・ゴリウォーグのケークウォーク (Golliwogg's Cake-Walk)

以上の6つの小品の中でも特に有名なのが「ゴリウォーグのケークウォーク」で、ゴリウォーグというのはイギリスから広まった黒人の人形のキャラクター、ケークウォークとは南米から伝わりパリのモンパルナスで流行っていた黒人のダンスのこと。ジャズのもとになったリズムともいわれています。

Chgolly1.jpg
 ≪ゴリウォーグ≫

ケークウォークのリズムをドビュッシーは取り入れ、「ゴリウォーグのケークウォーク」「ミンストレル」などの作品が生まれました。ミンストレルというのは黒塗りした白人が黒人に扮してダンスや寸劇をするミンストレル・ショーのことです。
ゴリウォーグやミンストレルが広まるにつれ、それが人種差別の象徴となっていった反面、黒人音楽や文化に親しみや憧れを抱いていた白人もきっといただろうと思います。

ドビュッシーがケークウォークのリズムを取り入れるまで、西洋音楽の作曲家で黒人音楽のリズムを取り入れていた例はあまりなかったようですが、以後モーリス・ラヴェルがジャズの影響を受けたように、音楽家たちが黒人音楽を取り入れるようになりました。
人間関係ではなにかと難のあったドビュッシーでありましたが、こと音楽に関しては間口が広く、柔軟な好奇心によって表現の幅を広げていったということでしょうか^^


ゴリウォーグのケークウォーク (Golliwogg's Cake-Walk)



それにしても、ドビュッシーの時代に初めて黒人音楽が取り入れられた・・・と聞くと随分遠い昔のように感じますが、たかだか100年の歴史なのですね。。。


【追記】 ドビュッシー本人が演奏したアルバムです
Amazon→ Debussy Plays Debussy
Amazon→ Composer As Pianist
スポンサーサイト

ドビュッシーの夢・黒沢明の夢

夢 Akira Kurosawa's DREAMS [DVD]夢 Akira Kurosawa's DREAMS [DVD]
出演:寺尾聰
ワーナー・ホーム・ビデオ(2002-12-20)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



本日誕生日のクロード・ドビュッシーが作曲した『夢』という曲が好きで、キーボードを買ってから早い時期に練習を始めました。
キーボードと言っても本格的なものではなく、鍵盤が光って弾く順をガイドしてくれる、いわばゲーム感覚で弾けるようになる、初心者の練習のためのキーボードです。
簡単なアレンジになっていた(と思う)ので、他の曲よりも時間がかからずに弾けたと思います。
まぁ、弾けたというか、ただ順番に押さえられるようになっただけ・・・という、演奏とはいいがたいものではありました^^;

ところでこの『夢』という曲を好きになったきっかけは、十数年前に見た黒沢明監督の同名映画『夢』でした。
・・・いいえ、だと思い込んでいました・・・。
改めて映画や挿入曲について調べると、ドビュッシーの曲を使用していたという記述はどこにも見当たりません。

ゴッホが登場するシーンでクラシック曲が使われていますが、これはショパン『雨だれ』です。

あれれ・・・。
私、いつ『夢』を好きになったんだろうwww

しかもゴッホを演じたのがあの『タクシー・ドライバー』などを監督した、マーティン・スコセッシと知り二度びっくり

ここで私はもう一つ記憶違いをしてまして、『夢』に出ていた俳優はリチャード・ギアだとばかり思い込んでいました。
これは『夢』の翌年に公開された黒沢作品の『八月の狂詩曲』と混同したためと思われます・・・。
たしかにゴッホ=リチャード・ギアのイメージはないんですけどね^^;

・・・こんな風に私の記憶はいつも曖昧。

もしかしたら『夢』を観たこと自体、夢だったのかも・・・(笑)



_SL500_AA300_

↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。