タグ:シド・チャリシー の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

MJ作品に見るミュージカル映画からの影響③

バンド・ワゴン[DVD]バンド・ワゴン[DVD]
(2007/12)
不明

商品詳細を見る



 バンド・ワゴン公開 1953年8月7日 


フレッド・アステアやジーン・ケリー・・・、ミュージカルスターたちが華々しく活躍していた時代の映画は、今観ても、と~~ってもゴージャス。
今のほうがセットなどもお金をかけて精密なものを作っているかもしれませんが、画面から漂ってくるオーラというのか豪華さっていうのはこの時代ならではのように思います。


では、フレッド・アステアとシド・チャリシーが主演した映画のワンシーンをご覧ください!
バンド・ワゴン - ヴィンセント・ミネリ監督作


このシーンを見てピンとくる人にはきてるはず。フレッド・アステアを敬愛するマイケル・ジャクソンによって「ムーンウォーカー(Smooth Criminal)」などの作品で、そのスタイルが取り入れられました。

比較のためのマイケルの動画を貼ろうとしたのですが、ダイジェスト版のようなコンパクトにまとめてくださった動画があったので、そちらをご覧ください。



“The Girl Was Bad...The Girl Was Dangerous”・・・もこの映画からなんですねぇ~ 
これは初めて知りました@@ 映画を全編観たらもっといろいろと出てくるかも?


ところで、1953年というとマイケルが生まれる5年前の映画です。
彼は一体いくつぐらいでこの映画を観たのでしょうか。「スゴイ!こんな映画、自分でも撮ってみたい~!!」なんて思ったところで、実現できる人なんてそうそういませんよね^^

マイケルの場合、作詞作曲のほか演出や振り付けなども、本業の方と意見を交わしながら作り上げていたようなので、詞が先か曲が先か、映像はどの段階で浮かんでくるのか、いろんなことを想像するとやっぱりなんか不思議な人だなぁ~と思ってしまうのでした。。。


昔の映画にはよく劇中劇というのが出てきますが、「ムーンウォーカー」もなんの脈絡もなくシーンが切り替わったりするので、そんなところでも影響を受けているのかなぁ~などと感じます。

よろしかったらこちらも(訳なくてゴメン)^^ YouTube→ ムーンウォーカー メイキング
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。