タグ:シャンソン の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

恋するイヴ・モンタン


↑81年 オリンピア劇場での復活コンサートの音源を収録♪



たしかひと月ほど前、秋にはしっとりジャズやブルースを聴きたいなぁ~なんて言っていた
はずが・・・日中はまだまだ日射しが強く、なんだか雰囲気でませんのぅ。。
木枯らし吹きすさぶ季節にはまだ早いけれど、今日はジャズのスタンダードとしても有名な
「枯葉」の話題です。

ん・・・?
ジャズのスタンダードと言ってしまったけれど、この曲もともとはバレエの伴奏曲だったものに、歌詞をつけて映画の挿入歌として使われたのが広まったのだとか。
1946年公開のフランス映画「夜の門」でイヴ・モンタンが歌ったシャンソンです。



Les Feuilles mortes(枯葉)/イヴ・モンタン


たしかに素敵な歌声ではあるけれど、これが世界的なヒットにつながっていったかというと、いまいちピンとこないのが正直な感想でした・・・(スミマセン^^;)
映画自体もそうヒットしたわけではなく、何人かのシャンソン歌手がカバーしたことによってフランスはもとより、アメリカ、日本・・・世界中にこの曲が広まっていった、というのが実際のところのようです。



Les Feuilles mortes(枯葉)/エディット・ピアフ


師匠のような立場で恋人でもあったエディット・ピアフ。
彼女の歌唱と比べてしまうと、どうしても格の違いを感じてしまう・・・。
二人の恋が実を結ばなかったのは、致し方のないことだったのかも・・・。

エディット・ピアフと別れた後、彼は女優のシモーヌ・シニョレと結婚しますが、「恋をしましょう」で共演したマリリン・モンローとスクリーンの外でも本当に恋をしてしまったり、何人かの女性と浮名を流していたようです。

時は流れ還暦を迎えた秋に、イヴ・モンタンはパリ・オリンピア劇場において復活コンサートを開きました。この時のステージが、なんと素晴らしいではありませんか!



Les Feuilles mortes(枯葉)/イヴ・モンタン(1981)


もともと甘い声ではありましたが、より深みを増し情感たっぷりに歌い上げていて、なんともいえない味わいと大人の色気があります。
幾多の恋を経験し、人生の酸いも甘いも知り尽くした者だけが歌える歌だったのか。。


85年に(なにかと苦労をかけた)妻、シモーヌ・シニョレに先立たれ深いダメージを受けたとされた彼でしたが、救いとなったのは新たな恋だったようです。
87年に再婚し、翌年初めての子供をもうけたのです。
人生に幕を下ろすほんの数年前の出来事でした。


Happy Birthday!
f0107398_0145186.jpg
左から シモーヌ・シニョレ
    イヴ・モンタン
    マリリン・モンロー 

 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

蓄音機の日(一昨日)

シャンソン 1 【メンブラン10CDセット】シャンソン 1 【メンブラン10CDセット】
アーティスト:オムニバス、エディット・ピアフ、シャルル・アズナヴール、アンリ・サルヴァドール他
販売元:Membran
発売日:2008-04-25
クチコミを見る




7月31日は蓄音機の日です。そこで昨日は初めて蓄音機に接した人の感想などを取り上げてみました。

今日は石川県にある金沢蓄音器館をご紹介します。
リンク先へ飛んでいただくとおわかりのように、常時140台蓄音機が展示され、試聴もできるとのこと。
金沢へは行ったことがありませんが、兼六園などと併せて行ってみたいものです。
兼六園といえば、やはり雪の季節がいいのかなぁ~?

リンク先の動画では、カンツォーネがなんともよい雰囲気を出していますね^^ 私はシャンソンをかけてみたいな。。



バラ色の人生/エディット・ピアフ


昨日紹介した寺田寅彦の随筆では「あささらでこするような、またフライパンのたぎるような雑音」、または「雑音の混入が、あたかも三色版の面にきたないしみの散点したと同様・・・」などと評されていますが、そこが今となっては蓄音機魅力となっているのではないでしょうか^^

便利幸福とは必ずしも同義ではない」という言葉を、当時の寺田さんは違う意味で使われたのかもしれませんが、移りゆく時代を思うにつけ、私たちは何か大きなものを失いながら生きているのでは、という思いが強くなってしまいます。。

こんなふうに思いを廻らせてしまうのはきっと、蓄音機からの音色が郷愁を感じさせるからかなぁ。。。

↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。