タグ:デイヴィッド・ギャレット の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

彼もまた柔和な微笑みのヴァイオリニスト(しかも男前)

ロック・プレリュードロック・プレリュード
(2009/03/25)
デイヴィッド・ギャレット

商品詳細を見る



 デイヴィッド・ギャレット 9月4日生まれ 


これまでアンドレ・リュウ、2Chellosとマイケル・ジャクソンの曲をカバーしたクラシックの音楽家を紹介してきましたが、今日のデイヴィッド・ギャレットも数年前からMJ曲はじめ、ジャンルを超えた選曲で(特にヨーロッパで)人気のあるヴァイオリニストです。
「THIS IS IT」でマイケルに認められた最後のギタリスト(なんて説明はもういらんか・・・)、オリアンティと共演した映像をご覧ください。


マイケル・ジャクソン・メドレー - デイヴィッド・ギャレットオリアンティ


いやぁ~ やっぱりマイケルの曲いいわぁ~(結局ソコかぁ~w)
いやいや、デイヴィッドの演奏も素敵です。
特にSmooth Criminalの疾走感がたまらないですよ~ やっぱりいい曲だわぁ~(・・・^^;)
彼はヴァイオリンの早弾きでギネスにも認定されてるんだそうです。なんか納得

以前、アンドレ・リュウ「微笑みのヴァイオリニスト」として紹介しましたが、デイヴィッドもまた柔和な微笑みで演奏する表情が印象的ですね。
客席近くで演奏したり、サービス精神が旺盛なところもなんとなくイメージがかぶっています。


Kashmir(レッド・ツェッペリンのカバー) - デイヴィッド・ギャレット


ただね、無造作に束ねた長髪に無精髭、ラフなシャツとジャケット、腰履きのパンツ(時にジーンズも)という崩したスタイルは、さすがのアンドレさんもやってなかったわ^^
ん~ でも、音楽もファッションも自由でいいじゃないですか。異文化交流や~(?)



davidgarrett4200.jpeg

学費を稼ぐため
モデル経験あり。。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。