タグ:ドビュッシー の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ブラックミュージックをいち早く取り入れたドビュッシー

月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集月の光 ~ドビュッシー / ピアノ名曲集
(1995/07/25)
アース(モニク)

商品詳細を見る



 クロード・ドビュッシー 8月22日生まれ 


「牧神の午後への前奏曲」、「月の光」など、多くの幻想的で優美な作品で知られるドビュッシーは、それまでの常識や技法にとらわれない独自の曲作りで、それまでドイツ系が活躍していた音楽界の流れを変えた一人でした。
ドビュッシーは特定の作曲家に影響を受けたというより、たとえば詩や絵画など音楽以外の芸術や、海や風などの自然界にあるもの、アジアやスペイン、ロシアなど異文化を持つ国の音楽から着想を得ることが多かったようです。


私生活では女性関係で何度か問題を起こし、そのことで数人の友人を失ったり、ややエキセントリックな傾向も見られたようですが、駆け落ちした人妻との間に娘〈愛称シュウシュウ・1905年生まれ)を授かると、女性関係もすっかり落ち着き我が子を溺愛したそうです。
その愛する娘、シュウシュウに捧げたのがピアノ組曲「子供の領分」でした。

  ・グラドゥス・アド・パルナッスム博士 (Doctor Gradus ad Parnassum)
  ・象の子守唄 (Jimbo's lullaby)
  ・人形へのセレナード (Serenade of the doll)
  ・雪が踊っている (The snow is dancing)
  ・小さな羊飼い (The little shepherd)
  ・ゴリウォーグのケークウォーク (Golliwogg's Cake-Walk)

以上の6つの小品の中でも特に有名なのが「ゴリウォーグのケークウォーク」で、ゴリウォーグというのはイギリスから広まった黒人の人形のキャラクター、ケークウォークとは南米から伝わりパリのモンパルナスで流行っていた黒人のダンスのこと。ジャズのもとになったリズムともいわれています。

Chgolly1.jpg
 ≪ゴリウォーグ≫

ケークウォークのリズムをドビュッシーは取り入れ、「ゴリウォーグのケークウォーク」「ミンストレル」などの作品が生まれました。ミンストレルというのは黒塗りした白人が黒人に扮してダンスや寸劇をするミンストレル・ショーのことです。
ゴリウォーグやミンストレルが広まるにつれ、それが人種差別の象徴となっていった反面、黒人音楽や文化に親しみや憧れを抱いていた白人もきっといただろうと思います。

ドビュッシーがケークウォークのリズムを取り入れるまで、西洋音楽の作曲家で黒人音楽のリズムを取り入れていた例はあまりなかったようですが、以後モーリス・ラヴェルがジャズの影響を受けたように、音楽家たちが黒人音楽を取り入れるようになりました。
人間関係ではなにかと難のあったドビュッシーでありましたが、こと音楽に関しては間口が広く、柔軟な好奇心によって表現の幅を広げていったということでしょうか^^


ゴリウォーグのケークウォーク (Golliwogg's Cake-Walk)



それにしても、ドビュッシーの時代に初めて黒人音楽が取り入れられた・・・と聞くと随分遠い昔のように感じますが、たかだか100年の歴史なのですね。。。


【追記】 ドビュッシー本人が演奏したアルバムです
Amazon→ Debussy Plays Debussy
Amazon→ Composer As Pianist
スポンサーサイト

月の光を浴びながら


↑ジャケットも素敵♪


今日は中秋の名月です。

月にかこつけてまたマイケルネタでいこうかなぁ~。
月に関する詩や曲も書いているし、愛すべきB級(?)映画「Moonwalker」では月が重要な鍵をにぎっています。もともとバックスライドと呼ばれていたものがムーンウォークとなったのも、マイケルが取り入れるようになってからだし・・・。

と、あれこれ考えてみましたが実際月を見ていたら、マイケルで盛り上がる気分でもなくなってしまいました。。

月の出ている方角が玄関の向きだったので、ちょっと周囲が明るすぎたけど^^;
秋の月はくっきりすっきり、凛とした輝きを放っていてとても美しいですね。


ところでフランスの詩人ポール・ヴェルレーヌの「月の光」という詩があります。


月の光」(フランス文学と詩の世界より)
  
  君の心の風景は独創的な絵のようだ
  魅惑の仮装行列が行進し
  縦笛を吹き踊る人が描かれているが
  仮面の下には悲しそうな表情がある

  短調の調べに乗せて
  愛や命を歌っているが
  幸福そうな顔には見えない
  歌声は月の光に溶け込むばかりだ

  静かな月の光は悲しくも美しい
  小鳥たちは木の枝に夢み
  噴水は恍惚にむせび泣く
  大理石の像の中の繊細な水のほとばしり


この詩もやはり秋の月を詠まれたものでしょうか。。
空気が乾燥していて、少しひんやりし始めた頃なのかなぁと想像しました。
目に映るものは美しいけれど、心はうらはらに物悲しくなる季節なのかなぁと・・・。

ヴェルレーヌの詩は音楽的要素を持っているといわれています。
おそらく本人も意識していたのでしょう。

日本語ではリズムが伝わりにくいので、フランス語の原文も載せておきます。
余計わからない? いや、いつかは読めるかも^^


「Clair de lune」

Votre âme est un paysage choisi
Que vont charmant masques et bergamasques
Jouant du luth et dansant et quasi
Tristes sous leurs déguisements fantasques.

Tout en chantant sur le mode mineur
L'amour vainqueur et la vie opportune,
Ils n'ont pas l'air de croire à leur bonheur
Et leur chanson se mêle au clair de lune,

Au calme clair de lune triste et beau,
Qui fait rêver les oiseaux dans les arbres
Et sangloter d'extase les jets d'eau,
Les grands jets d'eau sveltes parmi les marbres.


ヴェルレーヌの義理の母であるモーテ夫人(一説によるとショパンの弟子だったとか)は、後に作曲家となるクロード・ドビュッシー少年にピアノを教えていました。
そうした縁もあってかヴェルレーヌの詩にインスピレーションを受けたドビュッシーは、何篇かの詩を歌曲に仕上げてゆきます。

そうして名曲「月の光」が誕生したのでした。


月の光/クロード・ドビュッシー



リズミカルな詩を書くヴェルレーヌと、文学からも発想を得ていたドビュッシー
二人の生み出す作品は幻想的で優雅で儚くて・・・よく似た気質を持っていたのですね。


月のシャワーを浴びたいな
images.jpg

 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。