タグ:パティ・ペイジ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

多重録音の名曲とダイアナ・キングのMJトリビュート





本日11月8日は60年もの長きにわたってシンガーとして活躍しているパティ・ペイジの誕生日。

そのゴージャスな歌声もさることながら、彼女には冒険的な試みを成功させてしまう力があって、人々を驚きとともに感動へと導いていったのではないでしょうか。



邦題では「ワン・ワン・ワルツ」と表された「How Much Is That Doggie In The Window」は犬の鳴き声の入った愛らしい曲。




「Confess」では予算がなかったため一人で録音を重ねた多重唱という方法がとられました。
それが画期的と言われたこともヒットの一因となったのです。



この多重録音というのはのちに、マイケル・ジャクソンが本格的なソロ活動を始動させた際のアルバム「Off the Wall」でも話題となりました。
今ではJ-POPなどでもごく普通に使われている手法ですね。

ははは。
ついついマイケルの話題に持っていってしまいますw
せっかくですので「Don't Stop 'Til You Get Enough」を観てみましょう。
この作品では多重録音ならぬ「多重録画」とでも言おうか、3人の別撮りしたマイケルをワンシーンに収めている場面があります。
動きがピタッと揃っているのはさすがとしか言いようがありません。

Don't Stop 'Til You Get Enough/Michael Jackson



さてパティ・ペイジと同じく今日誕生日なのが「Shy Guy」などのヒット曲でおなじみのダイアナ・キング
彼女が特に人気絶頂だった90年代のライブのセットリストに「Don't Stop 'Til You Get Enough」が入っていたようなので、映像か音源だけでもないかちょこっと探してみましたがありませんでした。
どんな感じかな?レゲエ風なんだろうか?聴いてみたかった!

そんなダイアナ・キングが今年9月にリリースしたアルバム「Warrior Gurl」の中で「MI-CHA-EL」という曲をマイケルに捧げています。



MI-CHA-EL/ダイアナ・キング


日本盤では「マイ-ケ-ル」と訳されてしまっていますが、曲を聴くと「ミ-カ-エル」と発音しています。ミカエルというのは旧約聖書に登場する神に一番近い存在の天使の名前。
(よろしかったら以前書いた「マイケル・ジョセフ・ジャクソンという名前」もお読みください^^)
Angels Will Kiss You...という歌詞から察してもあえてミカエルにしたのでしょうが、「マイ-ケ-ル」になってしまって残念です。。。



近日中にまた
このアルバムを
取り上げる予定
diana.jpg


 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。