タグ:ビリー・ジーン の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「スリラー」の著名人への影響力




昨夜(日付では今日)82年12月1日は「スリラー」が発売された日ということを書きましたが、あらためてこのアルバムの思い出とか、今思うことを記しておこうかなぁ~なんて思いつつ、なんだか柄にもなくセンチメンタルな気分に陥りそうだったので、危険を回避して(笑)、著名人の方々が「スリラー」というアルバムやビデオ、パフォーマンスについて語った記事を集めました。
・・・集めたといっても2002年に発行された公式写真集「KING OF POP」からの引用です。

時期もメディアも様々で、ほとんど「スリラー」の発売から15~20年ぐらい経ってからのインタビュー記事ですが、みなさんとても熱く生々しいそれぞれの思いを語っています。


 ☆ ☆ ☆


ショーン・レノン(歌手、ジョン・レノンの息子)

「もし、マイケル・ジャクソンが存在していなかったら、私はおそらく今、音楽を作ったりしていないだろう。まさに『スリラー』が私の人生を変えたのだ。」 (『US』誌1998年10月)



アリーヤ(飛行機事故で2001年に亡くなったR&Bシンガー)

(彼女の好きなアルバム『スリラー』について)
「想像を絶するほどすばらしい作品です。どのシングルも感心するものばかり。『スリラー』は私の一番好きなアルバムです。私が青春時代に聴いていた音楽は、実は両親の影響によるものなのです。彼らはいつも『スリラー』をかけていましたから。」 (『Rolling Stone』誌)



ブリトニー・スピアーズ
(歌手)

(最近、一番お気に入りのアルバムを尋ねられて)
彼女の答えは「マイクル・ジャクソンの『スリラー』」だった。 (カナダの音楽専門チャンネル、マッチミュージック)



コービー・ブライアント(バスケットボール選手)

(生涯でもっともお気に入りのアルバムを尋ねられて)
マイケル・ジャクソンの『スリラー』だ。『スリラー』を聴くとリラックスできるし、ある意味、落ち着いた気分になる。それに実にエネルギッシュで、あのあふれる躍動感が好きなんだ。一日に一回は『スリラー』を聴いている。私に活力を与えてくれるから。 (『Teen People』誌)


 ☆ ☆ ☆


83年5月16日、「Motown 25: Yesterday, Today, Forever」で披露した「Billie Jean」のパフォーマンスが評判を呼び、放映された翌日にはもうアルバムのセールスが上昇していたそうです。
すごい即効力だぁ^^;


Billie Jean(Motown 25) / マイケル・ジャクソン




フレッド・アステア
(ダンサー&俳優)

「あなた(マイケル)は驚くほどよく動く。あなたという男は昨夜、実にすべての観客の度肝を抜いた。あなたは本当に躍動的で力強いダンサーだ。私も同じようにやってきた。私はステッキを持ってダンスをしたものだが、あなたはむちゃくちゃなダンサーだ!」 (モータウン25周年記念コンサートのマイケル・ジャクソンのパフォーマンスを見た後で)


 ☆ ☆ ☆


そして83年12月2日、アルバム「スリラー」からの7枚目のシングルで表題作の「スリラー」のビデオがMTVで初公開されると、その反響はすさまじく、さらにアルバムの売り上げとマイケルの人気は上がり続けていったのです。


こちらからご覧ください→ Thriller(ショートフィルム) / マイケル・ジャクソン
(・・・たまに観るとドキドキしますね ←いろんな意味でw)



アイス・キューブ(ラップアーティスト)

(『スリラー』のビデオについて)
「私はそのビデオにくぎ付けになった。そして、自分が目にしているものを信じることができなかった。『スリラー』が、再び放映されるのを幾日も幾日も待った。ビデオの最初から最後までをもう一度見たくて待ち遠しくてしょうがなかったよ」 (MTV 2000年3月)



ディビット・アークェット(俳優)

マイケル・ジャクソンの『スリラー』のビデオを、初めて見たときのことを今でも覚えている。どうしてこんなにたくさんの内容をビデオに盛り込めるんだろう、と信じられなかった。ゾンビやモンスターやオオカミ男といったような・・・。このビデオを見たことが、映画『スクリーム』に出演しようと決断するきっかけになったと私は思っている。」 (MTV 2000年3月)


 ☆ ☆ ☆


「スリラー」は人々の心に、人生に、
とてつもなく大きなものを残しました。。



Motown 25 のリハに
私服でのぞむマイケル♪
mika003.jpg


↓ ランキングに
参加しています♪
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

お茶目なビリー・ジーン ~敬老の日バージョン~


↑読者レビューはオール5♪


こんな老人に私はなりたい!!www


 
茶目っ気を忘れず、いくつになっても人を楽しませたり、
自分自身も楽しむことを忘れずに生きてゆきたいものです。。。



そしてビリー・ジーンは
やはり名曲だ・・・
20090827_865217.jpg

 ↓ ぽちっ
と、お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

マイケル・ジョセフ・ジャクソンという名前


↑コレ買っちゃおっと♪


今日は名字の日なんだそうです。
・・・というわけで今日は、ホタテの話から始めたいと思います(?)。


 ☆ ☆ ☆

フランス語でホタテ貝のことをコキーユ・サン・ジャック(coquille Saint-Jacques)といいます。
それぞれの単語はcoquille=貝 Saint=聖なる Jacques=ヤコブという意味です。

ヤコブの名は聖書に多く登場しますが、ここでいうヤコブとはゼベダイの子を指しています。
ゼベダイの子のヤコブは新約聖書に登場するイエスの使徒の一人で、使徒ヨハネの兄弟です。

なぜホタテ貝のことを「聖なるヤコブの貝」と呼ぶようになったのか。
ヤコブが漁師であったからという説や、ヤコブの遺骸を運ぶ際騎士が海へ落ちてしまい、助け上げられた体にホタテ貝がびっしりはりついていたという伝説とか、諸説あるようです。
やがてホタテ貝が聖ヤコブの象徴となり、ヤコブの墓のあるサンティアゴの巡礼者はホタテ貝の貝殻をマントや帽子につけたり、首からぶら下げたりするようになりました。

そういえばボッティチェッリの『ヴィーナスの誕生』に描かれているヴィーナスもホタテ貝の上にのっており、古くからホタテ貝は聖なるもの、または神秘的なものとして扱われていたようですね。

そして英語名のJacob(ジェイコブ)、James(ジェームズ)、Jack(ジャック)はすべてヤコブに由来する名前です。マイケル・ジャクソンの名字、JacksonはJackのson(息子)ということになります。

さて、さきほどヤコブの名は聖書に多く登場すると書きましたが、旧約聖書に登場するヤコブには12人の息子と、1人の娘)がいて、その中の一人、ヨセフは英語でJoseph(ジョセフ)と表記されます。
ジョセフというのはマイケル・ジャクソンのセカンドネーム。

マイケルという名はやはり旧約聖書に登場する大天使長ミカエルに由来しています。
英語でマイケル(Michael)、フランス語でミシェル(Michel)、フィンランド語でミーカ(Mika)・・・。
だから私はネットでMikaと名乗るようになったんです^^(完全に余談です^^;)

マイケル、ジョセフ、ジャクソン、これほどすべてが宗教的な名前って珍しいのでは?と思います。他の兄弟の名も調べてみましたが、マイケル以外には出てきませんでした。

 ☆ ☆ ☆


「Billie Jean(ビリー・ジーン)」というのも宗教的な名前だと聞いたことがあります。

(それにしても本当に色あせない曲だ。。)

私個人の考えではこの曲の彼女というのは、無名の頃のマリリン・モンローを想定してるのではないかと思っていました。
She was more like a beauty queen from a movie scene(彼女は映画のワンシーンの美しい女王のようだった)~♪という歌いだしを聴くと、マリリンの顔がよく浮かんできます。
マリリンの本名はノーマ・ジーン・ベイカー。
でも彼女のジーンのスペルは「Jeane」でした。う~ん、惜しい。



カルロ・クリヴェッリ作
「聖ヤコブの肖像画」
476px-Carlo_Crivelli_064-2.jpg


↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

人気ブログランキングへ 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ジャジーでクールなBillie Jean

Winterplay/Songs Of Colored Love

 

一般価格(税込) : ¥2,405

マルチバイ特価(税込) : ¥1,684

発売日: 2010年08月23日




K-Jazz・・・というジャンルがあるのかわかりませんが、本日発売されたこのアルバム、Winterplayという韓国発のジャズユニットの作品だそうです。

表題作の『Songs Of Colored Love
EGO-WRAPPIN'の名曲『色彩のブルース』を英語カバーしたもので、同じタイトルのアルバムが日本国内盤として昨年発売されていますが、今日発売のINT'L盤は内容が微妙に違っているので、購入される際はご注意ください。

(国内版)
   1 Songs of Colored Love ~色彩のブルース~
   2 ホット・ソース
   3 メロン・マン
   4 セリヴォラ
   5 クァンド、クァンド、クァンド
   6 バーボン・ストリートの月
   7 フー・アー・ユー?
   8 ハッピー・バブル
   9 キャンノット・フォーゲット
   10 青春の輝き
   11 ヘイ・ボブ
   12 胸につのる想い
   13 メン・アー・ノー・グッド

(INT'L盤)
   1 Songs Of Colored Love
   2 Happy Bubble
   3 Melon Man
   4 Billie Jean
   5 Quando, Quando, Quando
   6 Moon Over Bourbon Street
   7 I've Been A Bad Girl
   8 Scandalizing Me
   9 You Got It
   10 I Need To Be In Love
   11 Hey Bob
   12 You're In My Heart
   13 Men Are No Good
   14 Farewell (for Byul)

やはり『Billie Jean』が入ってるのは大きいです(笑)。
ヴォーカルのヘウォンの声が本当に魅力的・・・ いえ、声というより息のこぼし方というのか、とても色っぽく耳に響きます。
私もこんな風に歌えたらいいんだけど。。真似したところできもいと言われるだけです(苦笑)。

『Billie Jean』


Songs Of Colored Love


img_76_1455_1


↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ

ジャクソンズのヴィクトリーツアー始まる(1984年)

ヴィクトリー(紙ジャケット仕様)ヴィクトリー(紙ジャケット仕様)
アーティスト:ジャクソンズ
販売元:SMJ
発売日:2009-07-08
おすすめ度:4.0
クチコミを見る




1984年の今日アメリカ・カンザスシティーで、ジャクソンズ最後のツアーとなったヴィクトリーツアーが始まりました。
前年に「スリラー」を発表し、人気爆発のマイケル

Michael Jackson: Before He Was Kingという写真集が昨年発売されましたが、当時のマイケルは気品と風格を感じさせ、まさに王子様のよう。

Heartbreak Hotel


Beat It


Billie Jean


Lovely One, Shake Your Body, Off The Wall, Human Nature, Wanna Be Startin' Somethin'・・・
名曲がこれでもかと続きます。。。

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。