タグ:プレイング・フォー・チェンジ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

プレイング・フォー・チェンジ この一年で何が変わっただろうか





 Char 6月16日生まれ 
 ブログ開始から一年 


プレイング・フォー・チェンジは、グラミー受賞経験もあるプロデューサー/エンジニアのマーク・ジョンソンが、文化・宗教・社会的背景を超えて、世界中のミュージシャンが同じ楽曲を奏でることで繋がることを目指したプロジェクト。
マークと彼のクルーは、過去10年間にわたり世界中を旅して、プロ・アマ問わずのべ100人以上の各地のミュージシャンを最新のモバイル・テクノロジーで録音及び撮影。それを巧みな編集技術で1つのテイクに合体させて、あたかも世界中のミュージシャンが一つの楽曲を一緒に奏でているように仕上げており、楽曲や映像を通して「世界平和」「人類平等」の大切さが伝わってくる、感動的な作品集です。
プロジェクトの主旨に賛同した大和証券は、2008年10月よりプレイング・フォー・チェンジの映像をTV-CMに起用。現在オンエア中の新TV-CMシリーズでは、日本人アーティストのChar、東儀秀樹、福原美穂が参加。〉 Playing For Change 日本語ページより  
Playing For Change 公式サイト(英語ページ)
 

Gimme Shelter / プレイング・フォー・チェンジ



Sittin' On The Dock Of The Bay / プレイング・フォー・チェンジ



一年前、プレイング・フォー・チェンジにも参加しているCharの誕生日からこのブログは始まりました。
プレイング・フォー・チェンジは10ヶ月ほど前に紹介したので、少し懐かしさも感じながらこの期間一体何が変わったのだろうかと振り返りました。

大きく変わったこともあれば、何も変わらないものもある。
よくなったこともあれば、悪くなったものもあるだろう。
でも、きっとよくなっていかなきゃダメなんだ。


音楽の力を借りて前向きにまた歩んでいきたいと思っています。

一年間どうもありがとうございました。偏った音楽への愛情を、マイペースの気まぐれ更新の中で語らせていただきますので、またどうぞこれからもお付き合いくださいませ。
スポンサーサイト

One Love! One Heart!




ボブ・マーリー 2月6日生まれ


今日は誰をピックアップしたらいいんだろうと思うぐらいに、2月6日生まれの有名人の方多いです。フランソワ・トリュフォー、ボブ・マーリー、ナタリー・コール、福山雅治、川瀬智子(the brilliant green)、市原隼人、そしてアンパンマン・・・と、紹介しきれないぐらい大勢いてジャンルも多岐にわたっています。

2月6日生まれって、やはり才能のある方が多いのかしらと気になって、誕生日生まれで調べてみました。すると、「美的感覚が鋭い」「コミュニケーション能力が高い」「カリスマ性がある」「芸能界にも向いている」とありました。
まぁ、当たってる感じのところを抜粋してみたんですけどw

さて、それでは誰にしましょうか・・・。
ボブ・マーリーは今月もう登場させたしなぁ・・・。

・・・。

と、いうわけで、無性に「One Love」が聴きたくなってしまいました。
この「One Love」という曲も過去2回登場しています。
しかも2回ともボブの曲ではなく、カバー曲を紹介しました。
この曲は時代や人種や国境を越えて、様々な人たちに歌い継がれてこそ、という気がします。。



昨年8月9日にアップしたのと同じですが、何度聴いて(観て)もいいなぁ、と思うのがこの動画!
One Love / プレイング・フォー・チェンジ




そして99年12月のトリビュートライブは出演者がとても豪華でした!
One Love / オールスタートリビュート


最初からご覧になりたい方はこちらから→ Tributo Bob Marley One Love (1 de 19 )


1. ターン・ザ・ライツ・ダウン・ロウ(ローリン・ヒル)
2. ウェイティング・イン・ヴェイン(クリッシー・ハインド)
3. ジャミング(クリッシー・ハインド&ジミー・クリフ)
4. ノー・モア・トラブル(エリカ・バドゥ)
5. ノー・ウーマン・ノー・クライ(エリカ・バドゥ&ジミー・クリフ)
6. フー・ザ・キャップ・フィット(クィーン・ラティファ)
7. ウォー(ダリアス・ラッカー)
8. スリー・リトル・バーズ(トレイシー・チャップマン)
9. ラスタ・マン・チャント(バスタ・ライムズ&ジュリアン・マーリィ)
10. キンキィ・レゲエ(クリス・ロビンソン&ダミアン・マーリィ)
11. ゲット・アップ,スタンド・アップ(ベン・ハーパー)
12. ライヴリィ・アップ・ユアセルフ(トゥーツ・ヒバート&ザ・ウェイラーズ)
13. トレンチ・タウンロック(トレイシー・チャップマン,スティーヴン・マーリィ&ジギー・マーリィ)
14. ラット・レース(イヴ&スティーヴン・マーリィ)
15. アフリカ・ユナイト(マーリィ・ファミリー・バンド,メロディ・メイカーズ&ザ・ウェラーズ)
16. リデンプション・ソング(ローリン・ヒル&ジギー・マーリィ)
17. グッド・ユー・ビー・ラヴド(マーリィ・ファミリー・バンド)
18. バス・イット・オン(セデラ・マーリィ)
19. ワン・ラヴ(オール・パフォーマンサーズ)
20. ナチュラル・ミスティック(ジギー・マーリィ)
21. サン・イズ・シャイニング(キマーニ・マーリィ)
22. カヤ(ダミアン&ジュリアン・マーリィ)
23. ハイ・タイド・オア・ロータイド(スティーヴン・マーリィ)
24. スター・イット・アップ(ジギー・マーリィ)



やっぱり笑顔がいいのだ
bob.jpg
クリックよろしくお願いします♪ ⇒ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 人気ブログランキングへ

Playing For Changeの活動

ソングス・アラウンド・ザ・ワールド(DVD付)ソングス・アラウンド・ザ・ワールド(DVD付)
アーティスト:プレイング・フォー・チェンジ
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2009-08-05
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



さて昨日の記事で、リヴァー・フェニックス主演の映画
『スタンド・バイ・ミー』の主題歌にふれ、その曲をPlaying For Changeが演奏した動画を紹介しました。

Playing For Changeというプロジェクトはマーク・ジョンソンによって立ち上げられ、その収益の一部は難民への必要物資の提供子供たちの指導のためのスクール設立などの援助をして、音楽芸術の輪を世界に広げることにも貢献しています。

映像を観ればおわかりいただけるように、ひとつの曲を世界中のミュージシャンたちがつないでゆきます。
このプロジェクトに参加しているのは五大陸100名以上ミュージシャンであり、もともとはみな無名でした。

ボブ・マーリー『One Love』

肌の色着ているものも違えば、演奏する楽器背景まで様々。それでも音楽は人をひとつにしてくれるのです。。。

この曲はインド民謡『Chanda Mama』

使用している楽器にもよるのか、ところどころヨーロッパ民謡スカジャズのようにも感じられ、不思議な感動
ワールドワイドな活動をしているPlaying For Changeらしい曲だな、と思いました。

Playing For Change2010-11-01-PlayingforChange
公式ホームページ(英文)


Playing For Change
YouTubeチャンネル

↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。