タグ:ホイットニー・ヒューストン の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

MJの「On the Line」が本日発売の映画音楽集に!

ナンバーワン90s ムービー・ヒッツナンバーワン90s ムービー・ヒッツ
(2011/08/03)
オムニバス

商品詳細を見る




 ナンバーワン90s ムービー・ヒッツ 本日発売 


ホイットニー・ヒューストンセリーヌ・ディオン・・・名曲揃いの映画音楽集が本日発売です。
個人的に「おおっ!」と思ったのは、やはりマイケル・ジャクソンのあの曲が入っていること!


【曲目リスト】 

ディスク:1
1. オールウェイズ・ラヴ・ユー|ホイットニー・ヒューストン『ボディガード』より
2. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン|セリーヌ・ディオン『タイタニック』より
3. ホール・ニュー・ワールド|ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル『アラジン』より
4. She|エルヴィス・コステロ『ノッティングヒルの恋人』より
5. オン・ザ・ライン|マイケル・ジャクソン『ゲット・オン・ザ・バス』より
6. ステイ|リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ『リアリティ・バイツ』より
7. 愛のぬくもり|ロクセット『プリティ・ウーマン』より
8. アンチェインド・メロディー|ライチャス・ブラザース『ゴースト ニューヨークの幻』より
9. 美女と野獣|セリーヌ・ディオン&ピーボ・ブライソン『美女と野獣』より
10. 君の瞳に恋してる|ローリン・ヒル『陰謀のセオリー』より
11. 小さな願い|ダイアナ・キング『ベスト・フレンズ・ウェディング』より
12. フォー・ザ・ファースト・タイム|ケニー・ロギンス『素晴らしき日』より
13. 愛にすべてを|WET WET WET『フォー・ウェディング』より
14. キッシング・ユー~ロミオ&ジュリエット 愛のテーマ|デズリー『ロミオ&ジュリエット』より
15. キス・ミー|シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー『シーズ・オール・ザット 彼女は最高!』より
16. トーン|ナタリー・インブルーリア『メッセージ・イン・ア・ボトル』より 
17. アイ・ドント・ウォント・トゥ・ウェイト|ポーラ・コール『シティ・オブ・エンジェル』より

ディスク:2
1. ミザルー|ディック・デイル&ヒズ・デル・トーンズ『パルプ・フィクション』より
2. ディーパー・アンダーグラウンド|ジャミロクワイ『GODZILLA』より
3. シャイ・ガイ|ダイアナ・キング『バッドボーイズ』より
4. アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ|ジミー・クリフ『クール・ランニング』より
5. ウェイク・アップ|レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン『マトリックス』より
6. ボーン・スリッピー|アンダーワールド『トレインスポッティング』より
7. ハッシュ|クーラ・シェイカー『ラストサマー』より
8. ステイ・ヤング|オアシス『パラサイト』より 
9. ユー・ワー・ゼア|ベイビーフェイス『サイモン・バーチ』より
10. ハウ・ドゥ・アイ・リヴ|トリーシャ・イヤウッド『コン・エアー』より
11. オ-、プリティ・ウーマン|ロイ・オービソン『プリティ・ウーマン』より
12. マイ・シャローナ|ザ・ナック『リアリティ・バイツ』より
13. ザ・ワン・アンド・オンリー|チェズニー・ホークス『ドク・ハリウッド』より
14. スピード|ビリー・アイドル『スピード』より
15. ザ・ショウ・ゴーズ・オン|ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ『バックドラフト』より
16. アイ・ビリーヴ・アイ・キャン・フライ|R.ケリー『スペース・ジャム』より
17. ホエン・ユー・カム・バック・トゥ・ミー・アゲイン|ガース・ブルックス『オーロラの彼方へ』より
18. ビルド・ミー・アップ・バターカップ|ザ・ファウンデーションズ『メリーに首ったけ』より


 ******


「On the Line」は1996年公開のスパイク・リー監督作品「ゲット・オン・ザ・バス」のオープニング曲に採用されましたが、レコード会社の都合によりサントラ盤には収録されませんでした。
翌年発売された「Ghosts」の限定ボックスセット(VHS+CD)に収録されますが、マイケルのオリジナルアルバムに入ることはなく、2004年発売の「The Ultimate Collection」と2008年発売の「King Of Pop UK edition(3CD)」にバージョン違いが収録されることに。

MJファンにはおなじみの曲でしょうが、一般的にはあまり知られていない名曲だと思います^^


ゲット・オン・ザ・バス オープニング
スポンサーサイト

ボディガードと気まずいエレベーター

ボディガード スペシャル・エディション [DVD]ボディガード スペシャル・エディション [DVD]
出演:ケビン・コスナー
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010-04-21
クチコミを見る




今日はホイットニー・ヒューストンの誕生日。。
彼女のヒット曲といえば映画『ボディ・ガード』の主題歌にもなった『I Will Always Love You』が有名ですね。
当時は洋楽に詳しくなくても、この曲だけは知ってるといった具合で世間に知れ渡っていました。
結婚式で使用される曲としても人気のある曲でした。

この曲にはちょっとした思い出があります。
曲というか、映画のほうですけどね・・・

☆ ☆ ☆


私は若い頃から映画を一人で観るのが好きでした。
そのほうが集中できるからです。
『ボディ・ガード』も当然のごとく一人で観に行きました。

ホイットニーケビン・コスナーも好きだったし、映画には満足でした。でも問題は映画を観た直後に起きたのです。

その小さな劇場のエレベーターに乗ろうとした時、同じ中学同級生同士で付き合っているカップルにばったり出会ってしまったのです。
しかも二人はけっこう「やんちゃ」で有名でした。
「ああっ!」なんて言いながら同じエレベーターに乗り込んだものの、気まず過ぎます^^;
なんやかんや平然な顔で世間話などしてやり過ごしたものの、
心の中では「早くエレベーター着いてくれ~ 私を地上に降ろしてくれ~」とひたすら願うばかり 汗
一人で映画を観るのは別に恥ずかしいことではないけれど、内容がコテコテのラブロマンスとなると話は別です。
自分のキャラ的にもそれは赤面モノの出来事でした。

でも二人が今まで私が知っていた「やんちゃ」の顔ではなく、
終始穏やかで幸せそうな顔をしていたのが印象的でした。


☆ ☆ ☆


そして数年後の同窓会でその時の彼に再会しました。
二人は結婚していましたが、その時は彼だけが出席していました。
「あの時映画館で会ったよね~」なんて話になった時、「俺もよく一人で映画観るんだ」なんて(フォローかわかりませんが)言ってくれました。

その瞬間、私の心にあの曲が流れて・・・


「えんだぁ~~~~~~♪」



・・・というのは嘘ですが、いい男だなぁ~とその時思いました。


☆ ☆ ☆


そうして数年後にあの時の気まずさは解消されましたが、あれ以来一人で恋愛映画を観ることはなくなったような気がします。。。(笑)


☆ ☆ ☆



この曲はもともとカントリーだったんですね。全然知らなかった^^;
ドリー・パートン『I Will Always Love You』。


Whitney

↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。