FC2ブログ

タグ:リンゴ・スター の記事一覧

シーラ・E やばすぎっ!





プリンスのプロデュースのもと84年にデビューした、パーカッショニストでありシンガーでもあるシーラ・E。彼女のデビュー曲「グラマラス・ライフ」が大好きで何万回聴いたでしょうか。
何度聴いても聴きあきることはなかった・・・そして今また、その波を迎えていますw
当時もティンバレスを打ち鳴らしながら歌う姿がカッコよかったのですが、そうそう映像を観ることができたわけでもなく、四半世紀の時を経た今になっていろんなライブ映像が観られることにやや興奮気味です。
そしてこんなにも美しい人だったのかということに気づきました。
特に年齢を重ねてからの笑顔がとっても素敵です!!


今日は備忘録的に動画をいくつか貼ってしまいますが、同じ曲なので興味ないやって方はスルーしていってくださいね。一番おすすめというと最初の85年のものかな。シンバルを蹴り上げるのがカッコよくって「はぅーーっ!!」と声にならない声を上げてしまいましたw

The Glamorous Life (1985) / シーラ・E



次のはいつのかなぁ~ そう昔のものではないと思います。
同じ曲でも新鮮味を持たせて演奏できるってことがとても素晴らしいです!!
アレンジや演出の変化でも観客を楽しませてくれますね。
投げ合ったスティックも見事にキャッチしています^^

そして何万回の観賞に耐えられるこの曲を作ったプリンスはやっぱりスゴイ人です。。

The Glamorous Life / シーラ・E



次は今年の夏のライブの模様です。
年齢のことを言ってはなんなんですが、もう50超えているんですよー@@
エネルギッシュかつファンキーすぎてなんか笑っちゃいました~www
彼女自身もなんだか楽しそうで^^
もうこうなったら80過ぎようが100になろうが、このまま叩き続けてって欲しいですw

The Glamorous Life (2010) / シーラ・E



リンゴ・スターとは近年、彼の「リンゴ・スター & ヒズ・オールスター・バンド」への
参加で共演してますが、シーラ・Eの憧れの人なんだそうです。
演奏以外でも意外な才能を披露していますね~
もう、、、シーラ・E やばすぎっ!

リンゴ・スターと / シーラ・E




Happy Birthday!
12470_193104971352_112907056352_3456247_6425923_n.jpg


↓ ランキングに
参加しています♪
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能人・タレントへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



Imagine ジョン・レノンが望んだ世界に

30年前の12月8日 

ジョン・レノンがひとりの男に射殺された

ひとりの男にだったのか 真相は謎のままだ・・・



先月 ジョンの生涯をつづった「イマジン」という

ドキュメンタリー映画を観た

ジョンという人への理解を深めたかったからだが

観た後は余計にジョンがわからなくなってしまった



ジョン・レノンが死んだ時

偉大な人物は悲劇的な死を遂げるものだと

子どもながらに達観していた



先月のジョージ・ハリスンの命日に偶然だが

リンゴ・スター物語 というのに出会った

マンガだからおかしなところはある

ビートルズの内情なんて 本当のところは誰にもわからないだろう

だけど リアルであるはずの映像よりもそれは胸に迫ってきた



ジョン・レノンジョージ・ハリスンもひとりの人間なんだと。

ひとりの人間として生きて そして死んでいったんだ

ポール・マッカートニーリンゴ・スターもひとりの人間なんだと。

ひとりの人間として生きていて

悩んだり 笑ったり 傷つけたり 風邪をひいたりもする



人が人の命を奪っていい宿命なんて どこにもない

誰もが幸せに生きる権利を持って生きている



戦争は なかなかなくならない

だけど

ジョンが望んだ世界に

誰もが生きる権利がある




YouTubeへ↓
Imagine (Live) / ジョン・レノン




ジョンの耳には一体
何が届いていたのだろう
john_lennon_5-500x556.jpg


↓ ランキングに
参加しています♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

人気ブログランキングへ

リンゴ・スターの誕生日

イエロー・サブマリンイエロー・サブマリン
アーティスト:ザ・ビートルズ
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009-09-09
おすすめ度:3.5
クチコミを見る



リンゴ・スターの誕生日にとり上げてよいものか迷いましたが、この曲が頭から離れません 苦笑
民謡歌手、金沢明子が歌う
「イエローサブマリン音頭」
実は今年の初めにもあることがきっかけで聴いていたんですけど・・・
ビートルズファンには不評だったというこの曲(まぁ、わからないではないが)、何がきっかけで大滝詠一がプロデュースしていたのか不明ですが、なかなかいい曲だと私は思います^^

コレ中毒性あるなぁ。。。


こちらは本家


にほんブログ村 音楽ブログ ノンジャンル音楽へ
にほんブログ村