タグ:レディスミス・ブラック・マンバーゾ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Moonwalker エンディング曲を歌ったレディスミス・ブラック・マンバーゾ

Journey of DreamsJourney of Dreams
(1988/08/17)
Ladysmith Black Mambazo

商品詳細を見る



 ジョセフ・シャバララ 8月28日生まれ 


南アフリカにはアカペラで歌われるムブーベという伝統音楽があります。
ムブーベ(Mbube)とはズールー語でライオンという意味だそうです。
ズールー族のシンガーだったソロモン・リンダは「Mbube」という曲を作り、その曲は後に「Wimoweh(ウィモウェ)」と名を変え、さらに「The Lion Sleeps Tonight(邦題:ライオンは寝ている)」と変えてトーケンズが歌った曲がヒットしました。
もうひとつ、ズールー族発祥の音楽としてイシカタミアというものがあり、無伴奏合唱で足の爪先でステップを踏みながらハーモニーを楽しむスタイルです。


ムブーベとイシカタミアが具体的にどう違うのか正直わかりませんが(すみませぬ)、イシカタミアの代表的グループとして認知されているレディスミス・ブラック・マンバーゾの「Mbube」をお聴きください(どんな紹介だろ^^;) 興味深いのでアフリカ音楽はもう少し勉強しますね。。

Mbube - レディスミス・ブラック・マンバーゾ



レディスミス・ブラック・マンバーゾは1960年代に活動を始め、ポール・サイモン、ジョージ・クリントン、サラ・マクラクランなどと共演し、世界的にも名が知られるようになりました。
私は以前紹介したこともあるDes'reeとの共演が好きです! YouTube - Ain't No Sunshine


イシカタミアというのは男性が歌うものだそうですが、女性とも共演したり様々な国やジャンルのミュージシャンとセッションすることは、南アフリカの文化をもっと知ってもらいたい、自分たちの音楽をもっとポピュラーなものにしたいという気持ちの表れなのではないかと思います。


私自身がレディスミス・ブラック・マンバーゾのことを知ったのは(やはりというかw)マイケル・ジャクソン主演作「ムーンウォーカー」のエンディングで味のある彼らの歌唱を聴いてからでした。

The Moon Is Walking - レディスミス・ブラック・マンバーゾ



アルバム「Journey of Dreams」の中の「Lindelani(Get Ready)」という曲をもとに、メンバーのリーダー格であるジョセフ・シャバララマイケルのために書いたものがムーンウォーカーには収録されました。

歌詞は
月が歩いてる、月が輝いてる、月が踊ってる
これは奇跡だ ・・・といった内容で、月をマイケルに見立てて書いたのでしょう。

当初は別のシーンがエンディングとして使われる予定だったのが変更されたのだそうです。
マイケルはこの曲を聴いて感動のあまり涙を流したのだとか。


ちなみに原曲がこちら→ YouTube - Lindelani(Get Ready) これまた素晴らしい曲です^^
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。