タグ:レナード・バーンスタイン の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

MJ作品に見るミュージカル映画からの影響④

ウエスト・サイド物語 (コレクターズ・エディション) [DVD]ウエスト・サイド物語 (コレクターズ・エディション) [DVD]
(2008/04/18)
ナタリー・ウッド

商品詳細を見る



 レナード・バーンスタイン 8月25日生まれ 


1961年公開の「ウエスト・サイド物語」。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をモチーフにしたこの作品の中で、マイノリティの若者同士は不毛な闘いを繰り広げます。
それは憎しみを増幅させ人の命を奪い恋人たちを引き裂いてしまいました。

物語が始まってまもなく「Beat It!」という台詞があります。
マイケル・ジャクソンの楽曲Beat Itはウエスト・サイド物語にインスパイアされて完成された作品であることは間違いないでしょう。 You Tube→ Beat It - マイケル・ジャクソン

Beat Itの意味や歌詞の和訳は大西恒樹さんのブログがわかりやすいかと思います。
マイケルの遺した言葉/マイケル・ジャクソン氏の歌詞の日本語訳詞集


ウエスト・サイド物語 - Prologue


ダンスやスタイルも似た箇所はありますね。それ以上にマイケルはこの物語の悲劇から学んだものをBeat Itという曲にメッセージとして込めたのでしょう。Beat Itの曲でマイケルが訴えたかったのは、暴力だけでは何も解決しない、くだらない争いは回避せよということでした。

「Beat It」だけでなく、「Bad」や「The Way You Make Me Feel」のショートフィルムも若者同士の諍いからドラマが進行しており、ウエスト・サイド物語を髣髴とさせるシーンがあります。
でも悲劇の物語に終わらずそれぞれが和解し、敵味方関係なく踊ったり恋が芽生えたりと、全てハッピーエンドで終わっているのがマイケル流ですね。


ウエスト・サイド物語は物騒な物語であるにもかかわらず、決して品が悪くならないのはバレエの振り付けを手掛けることも多いジェローム・ロビンズの演出や、もともとクラシックの作曲家だったレナード・バーンスタインが音楽を担当したことも大きかったと思います。

ダンスシーンじゃないけど、一番好きなのはこの曲(シーン)だったりします^^
ウエスト・サイド物語 - Tonight


ナタリー・ウッド、美しいですね。吹き替え(歌・マーニ・ニクソン)だと気付いたのはつい最近のことでしたw (本人は不服だったらしいが)



ウエスト・サイド物語出演者と
ジェローム・ロビンズ
107.jpg 450.jpg


マイケルも
とてもエレガント♪
MJ-History-World-Tour-michael-jackson-7231633-444-656.jpg Michael Jackson - Bad_0001 Michael Jackson - The Way You Make Me Feel, Official Music Video _Full HQ Version__0001 This is It_0001
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。