タグ:活動休止 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

天才とかネタ枯れとか軽く言うな


↑11月24日発売予定 予約受付中♪


もうひと月以上も前の話なんで、あれなんですが(どれだ)、宇多田ヒカル活動休止宣言というのがありましたよね。最初は一体どーしちゃったの?と思ってみたものの、まぁ、そんな気持ちになるのも無理はないさ、とわかる気がしました。20代後半になって、あー、このままでいいのかなぁー、とか、もっと違うもの見たり聞いたりしたいっていう気持ちになったって、(どんな職業であろうと)いたって普通のことだし、周りへの影響も考慮しての宣言だったと、私は理解してるのだけど。まぁ、本人しかわからない気持ちもあるだろうから、人がああのこうの言うことでもないしなー。とにかく本人の意志で戻ってくるまで、どうしようもない。おとなしく見守ります。

でも、アッタマきちゃったのが、「ネタ枯れ」とほざいたおっしゃったおっさんかたがいたらしく、それが居酒屋で飲んで世間話してるようなシチュエーションじゃなくて、音楽評論家として堂々と発言しちゃってるのが、私としてはどうかと思いました。

音楽や音楽家に対する愛が感じられ~ん!
ご自身も音楽を飯の種にしてるわけですよね。
なんか軽はずみに世間の気を引こうとしてる発言にしか思えないんですが。

もっとアーティストへの敬意があってもいいのでは?と思います。
たとえ世間で天才と呼ばれる人であっても、他人からはわからない生みの苦しみというものはあるはずです。私たちは出来上がったものしか知らないけれど、ちょろっと思いついて作ったようなものでないことは、聴けばわかります。でもだからこそ、感動もするしありがたい気持ちになるというもの。何の努力もしてないわけではないのに、酷いことしてるわけでもないのに。

売れれば天才。休めばネタ枯れ。
それが音楽評論家としての意見なのか。
ネタ枯れなのはあなたのほうでは?と言ってやりたい。

こんなことがまかり通っていたら、アーティストのモチベーションも下がってしまうし、音楽業界全体が衰退してしまう気がしてしょうがないです><

「ネタ枯れ」なんて誰に決められることではないし、休止期間が過ぎればより大きな存在になって帰ってくるものと、私は信じています。



ところで今日は宇多田ヒカルが両親と共に結成した「U3」がアルバム「THE STAR」でデビューを果たした日(1993年・当時9歳)。
これだけ長いキャリアがありますんで、どうぞ少しは休ませてあげてください^^



誰かの願いが叶うころ/宇多田ヒカル




年内、あと少し
がんばってね!
8e077fc6-168a-477a-b503-571a4352c228.jpg


 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。