カテゴリ:おすすめ記事(MJ) の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

カルミナ・ブラーナとMJの運命の車輪

The Platinum CollectionThe Platinum Collection
(2009/10/20)
Enigma

商品詳細を見る


 

 カール・オルフ 7月10日生まれ 


カール・オルフはドイツの作曲家であり教育者。
代表作として全25曲(24+1曲)で編成される「カルミナ・ブラーナ」があります。
・・・といわれても、あまりなじみがないかもしれませんが。「O Fortuna(ああ、運命の女神)」という曲を聴けば「あ~、あれか」と認識される方もいらっしゃるかもしれません。

もともと「カルミナ・ブラーナ」とは修道院で発見された世俗的詩歌集のことで、カール・オルフはその詩歌集に基づいて作曲しました。
マイケル・ジャクソンのショートフィルム集やコンサートのオープニングで使用されている「O Fortuna」はMJファンにはおなじみの曲です。TVのジングルなどでもよく使われてますね。
三部構成のカンタータ「カルミナ・ブラーナ」の中では最初と最後に配されています。


O Fortuna(ああ、運命の女神)


以前「マイケルが愛したチャイコフスキー」のお話をさせていただきましたが、この「O Fortuna」という曲もマイケルチャイコフスキーと同じ効果というか、ストレートな表現でわかりやすく(悪く言えばあざとい)、とてもインパクトのある曲ですね。
オープニング曲として注意をひきつけたり、期待感を高めたりするのに適した曲という感じがします。


そして、歌詞にも注目してみましょう。Wikipediaの概訳を転載します。

「運命の女神よ、貴女は月の如く満ちたり欠けたり、常に定まらない。
人生も同じこと、確かなものは何もなく、運命に弄ばれ貧乏も権力も 氷のように無に帰する。
恐るべき空虚な運命よ、おまえは車輪の如く回ってゆく。
信頼能わず、隠れたら現れ、健康と徳を授けたらすぐに 欲情と背反をよこす。
我らは常に憂悶しながら、たえず恐れおののく。
さあ、運を掴んだ者も投げ落とされた者も、私と共に運命に泣こう!」

もっと詳しく知りたい方はこちらにラテン語原詩、英語訳詞、対訳が紹介されています。
http://victorian.fortunecity.com/rodin/485/carmina.html


407px-CarminaBurana_wheel.jpg ←クリックで大きくなります

さらにこの詩には挿絵があり(上の画像)、真ん中にあるのが「運命の車輪」と「運命の女神フォルトゥナ」です。運命の車輪の左には這い上がる人間、上には頂点に上りつめた人間、右には転落していく人間、そして下には車輪の下敷きになってしまっている人間が描かれています。車輪は回るので当然、4人の人間の立ち位置も変わっていきます。一方が昇れば一方が沈む。頂点で輝いている者も、時が経てばいずれ車軸の下に潰される・・・。
参照:http://www.geocities.co.jp/MusicHall/6654/karumina3.htm



マイケルは何故この曲に惹かれたのだろうか・・・。


頂点へと順調に上りつめたと思われたマイケルの成功。
上のBrace Yourselfの映像はまさに絶頂期のマイケルの姿を多く映し出していますが・・・。
世間の喧騒やファンの興奮とは裏腹に、不気味に回り続ける運命の車輪の音を、ただひとりマイケルだけは静かに聞きとっていたのかもしれません。


1993年、嫌疑をかけられたマイケルはこう言ったそうです。
「神様がどうしてこんな事をするのかは解らないけれど、僕は甘んじて試練を受けるよ。ガンジーやキリストがそうだったようにね」。



最後に「O Fortuna」をサンプリングした曲もなかなか素敵なので聴いてください^^
Gravity of Love - エニグマ


幻想的な曲に仕上がってますね。映像も非常に耽美的で強い印象を残しています。。。
スポンサーサイト

Remember the Timeは誰の歌?

ダイアナ・トリビュート~ダイアナ元英皇太子妃追悼アルバムダイアナ・トリビュート~ダイアナ元英皇太子妃追悼アルバム
(1997/12/03)
オムニバス、ブルース・スプリングスティーン 他

商品詳細を見る




 ダイアナ元イギリス皇太子妃 7月1日生まれ 


今年4月にイギリスのウィリアム王子がキャサリンさんと結婚し、ウィリアム王子の母であるダイアナ元妃の美しい面影を思い出していた方も多いのではないでしょうか。

今日はマイケル・ジャクソンの「Dirty Diana」のお話をするつもりでしたが、ダイアナ元妃とは直接関係のない話に流れてしまいそうなのと、文章も思考もまとまらずで一旦逃げることにしました(笑)。
Dirty Dianaはまた機会を改めてお話しますね。

あ、でもちょっとだけ。
1988年にコンサートでマイケルと面会したダイアナ妃(←当時の呼び方で呼ばせていただきます)はセットリストにDirty Dianaが入っていないことを知り、「あの曲大好きなのに」と残念がっていたそうです。Dirty Dianaのダイアナは悪女のように描かれていますから、ダイアナ妃やロイヤルファミリー、イギリスの観客の前で歌うわけにはいかなかったのでしょうが、もし歌っていたらちょっとした珍事として歴史の片隅に残っていたかもしれません。
でも当時からマスコミは意地悪でしたから、叩かれていた可能性が高いかな。。



3:57~の映像でカメラマンの声にマイケルダイアナ妃だけが反応し視線を交わした後、互いに軽く肩をすくめる仕草をしています。以心伝心といおうかアイコンタクトだけで会話している感じですね。


・・・プライベートでも電話で話すほど二人は親しくなっていったといいます。

この二人の関係性から連想されるのが1992年に発売された「Remember the Time」です。
この曲はマイケルの二番目の妻とのことを歌ったという説や、ダイアナ・ロスに捧げられたという話もありますが、真相は何であれそれぞれの解釈でいいのではないかと思います。
芸術にはたったひとつの正解があるわけではなく、答えをいくらでも膨らませることができるから面白いのではないでしょうか。

それをふまえていただいた上で私なりの考察なのですが、ダイアナ妃の存在もイマジネーションの源として、この作品に影響を残していたのではないかと、ある時ふと思ったのです。

Remember the Timeは深い男女の情愛というより初恋のような初々しさを、そして慣れ合った恋人というより憧れの人に対する清らかな思いといったものが感じられます(あくまで個人の感想です)。


いくつか気になるフレーズがあります。

●Do You Remember The Time When We First Met,Girl?
 何度か繰り返される「初めてあった時のことを覚えてる?」という問いかけ

●We'd Stay On The Phone At Night Till Dawn
●Remember The Times On The Phone You And Me
 明け方まで話した電話に関する記述が二度出てくること

●Spain というヨーロッパの国名

・・・などから、
衝撃的な出会い→なかなか会うことはできない→電話での会話がほとんど→国境を越えないと会えないような距離感(または立場の違い)→それってダイアナ妃か!?・・・などと連想したわけです。


さらにこの発想を後押しするものとして、不可解なショートフィルムの存在があります。
歌詞と全然関係ないじゃん!ってまず思います(笑)。
ダイアナ妃を連想したわりには(・・・って決めつけっw)日常的な思いをつづった歌詞ですが、ショートフィルムでは豪華絢爛なセットに王様と女王様がドカッと座りなんともゴージャスなムード。
以前、「Liberian Girlの不思議」という記事の中でRemenber the Timeで表現した世界を本当は描きたかったのではないかという話をしましたがそのリベンジ(?)とともに、ダイアナ妃を美しい女王に重ね合わせていたということも、ひとつには考えられることではないでしょうか。

YouTube→ Remember the Time 


マイケルにとってダイアナ妃はおそらく好みのタイプだったでしょう。それと同時にイギリス王室の方とも対等に話せるようになった自分を誇らしく感じていたようにも思います。

Remember the Timeでマイケルが奪ったのはクイーンの心(そして唇w)でしたが、「いつか俺だってプリンセスを奪っちゃうかもよ♡」という野望を、もしかしたらマイケルは抱いていたのかもしれません。


・・・信じるか信じないかはあなた次第ですw
(いや、信じない方がいいかもww)



michael-meets-princess-diana-before-his-concert-at-wembley41-m-2.jpg
二人とも穏やかな笑顔。。

MJ空耳動画作ってみた ※注意:くだらないよ~




ことばの日 5月18日 


今日は5(こ)18(とば)の日、そう、ことばの日だそうです。
一体どこの団体がいつ制定したものかすら知りませんがw

そんな今日は言葉遊びとして、5月4日に披露したジャクソンズの空耳が好評だったので、ついつい調子に乗って第二弾をお届けしたいと思います。しかも今回は動画を作りました! バカでしょ~www
これは以前、作ってみようかなぁ~と映像だけはつないだものの、前回の「Can You Feel It」とは違いシリアスで感動的な曲なので、公開するのはちょっとどうかと思っていました。
でも、屈折した愛情ではあるけれど、こんな風に遊んじゃうくらいマイケルの曲が好きなんだよってことでw


マイケル・ジャクソン【空耳】Cry



この空耳を見出してから、英語の歌詞を見ても全然入ってこなくなってしまいました。。Oh,cry...
でも、かまわず空耳のままで歌ってます。だって、楽しいんだもん♪

空耳ジャクソンズ ~マイケルが関西弁で・・・~





 ジャッキージャクソン 5月4日生まれ 


まことにくだらない空耳ではございますが、以前とあるSNSで公開したところ「たしかにそう聞こえる!」と、おおむね好評だったため、みなさんにもこの曲を聴くときには一緒に口ずさんでいただきたく、紹介させていただきます。

ジャクソン家の長男ジャッキーマイケルの共作で、ジャクソンズの代表的作品となった「Can You Feel It」より、サビの部分をお楽しみください。マイケルの関西弁が聞けますw


Can You Feel It / ジャクソンズ




(1:42~)
な~んでやねんっ!
Can you feel it ひぃ~~
Can you feel it
Can you feel it
な~んでやねんっ!
Can you feel it
Can you feel it
Can you feel it いややぁ~
あ~ンッ


(2:17~)
どやねんっ!
(もしくは、「てやんでぃっ!」←江戸弁だった^^;)
Can you feel it
Can you feel it
Can you feel it
いえ いえ~
ほぅ ひぃー
う う うぅー


(3:02~)
な~んでやねんっ!
Can you feel it
泊っててくれぇ~
Can you feel it
ひぃい~


(4:19~)
な~んでやねんっ!
Can you feel it
泊ってってくれへ~ん
Can you feel it えっへ~
泊ってきなぁ~


 ******


な~んでやねんっ!・・・って、つい歌っちゃうでしょwww 歌って歌って~♪

ゴールデンパンツウィーク(金パン週間)ですね!





こんちは。年に一度のゴールデンパンツウィークがやってまいりました!
MJファンでなけりゃゴールデンパンツ(=金パン)と、いきなり言われてもなんのこっちゃわからないと思いますが、マイケル・ジャクソンが96-97年のHIStoryツアーで着用したお衣装のことでございまして、前回のDangerousツアーでの金レグ(あるいは金フン、金ブリともよばれる←レオタードなんだけどね)をさらにパワーアップさせたような金色に輝くおパンツのことであります。


写真を見ていただけるとわかると思いますが・・・

mk1.jpg 
Dangerousの衣装が18金ならば・・・


mk2.jpg
HIStoryでは24金の輝き


また、同じ金パンでも何パターンもの着こなしで楽しませてくれます。

mk3.jpg mk4.jpg mk5.jpg mk6.jpg

黒シースルーおばちゃんカーデ+おやじYネックシャツ+金パンなんて
マイケルさまでなきゃ、絶対に着こなせませんてww


mk7.jpg mk8.jpg mk10.jpg mk9.jpg

少し太っていた時期のようですが、のびのびと軽やかに見えますね



そして、久しぶりに観るミュンヘン公演。。

Smooth Criminal / マイケル・ジャクソン



Jackson5 medley / マイケル・ジャクソン


いつものことながら、同じ人物とは思えないぐらい実に表情豊かなマイケルです。
同じ金パンで、coolにもcuteにも。。 変幻自在ですなぁ。。

残念ながらHIStoryはDVD化されてないので(ブートは存在するらしいが)、
動画サイトでしか観れないのが残念><



neverlandlost81_convert_20110430151251.jpg  これが現物のようです。意外と渋い。。



mk11.jpg
THIS IS ITではもっとパワーアップさせていたのかも? (コレ自前なのか!?w)



それではみなさま、残りのゴールデンパンツウィーク(GPW)、楽しくお過ごしくださいませ^^





mk12.jpg ・・・金パン履いてりゃ、大胆にもなれますww

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。