カテゴリ:おすすめ記事 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

空港で生歌披露!シンディ・ローパーの機転で空気が一変^^





来週の今日の話になりますが・・・。
第53回グラミー賞で最優秀トラディショナルブルースアルバム賞にノミネートされた(残念ながら受賞は逃しましたが)アルバム「メンフィス・ブルース」をひっさげて、シンディ・ローパーのジャパンツアーが始まります。


2011/3/15(火) 名古屋市民会館(愛知)
2011/3/16(水)、17(木)、18(金) Bunkamura オーチャードホール(東京)
2011/3/21(月・祝)、22(火) NHK大阪ホール(大阪)

詳しくはSONY MUSICのオフィシャルサイトでご覧下さい。


シンディからのメッセージも届いています^^

Untitled from wonderlous on Vimeo.




ところで、メンフィス・ブルースツアーを先月ブラジルでスタートさせたシンディ・ローパーですが、
先週末アルゼンチンのブエノス・アイレス空港で足止めを食った模様。
遅延や欠航が相次ぎ空港内が騒然としていた状況を打破するため、シンディがなんとその場で「Girls Just Wanna Have Fun」を歌い出したという動画が話題を集めています。

これがもう素晴らしいのですよ~~~!!!


私も以前、乗るはずだった飛行機が欠航になってしまったことがありましたが、やはり怒ってるおじさんとかもいて、殺伐とした雰囲気でちょっとコワかったです。
シンディご本人だって予定が狂えばお困りでしょうに、この機転とサービス精神に感服しました。
そして一瞬にして空気を変えてしまう音楽の持つ力、あらためて素晴らしいですねぇ~!


Girls Just Wanna Have Fun / シンディ・ローパー


この頃から歌声もキュートさも変わってないですね^^



cyndi_lauper.jpg
  こんな女性に
 私はなりたい。。。
スポンサーサイト

I Have A Dream キング牧師の演説





今日1月15日はマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの生誕日。
非暴力主義を貫いた黒人の公民権運動の指導者で、キング牧師という名で知られています。
彼が1963年8月28日に行った演説「I Have A Dream」は人種差別の撤廃と人種の協和という理想を訴え、広く共感を呼びました。
 

Martin Luther King "I have a dream"


和訳はこちらでご覧下さい→ About the USA


この演説の翌年、米国連邦議会は「1964年公民権法」を通過させ、人種差別撤廃への大きな第一歩を踏みだしたのです。
何度か身の危険を脅かされながらも、非暴力という姿勢を掲げていたキング牧師でしたが、68年4月4日、凶弾に倒れ帰らぬ人となりました・・・。
彼の理想や短い生涯を通しての闘いは、亡くなってからも人々に支持され続けています。

多くのミュージシャンたち(U2やプリンスなど)も、演説やキング牧師にインスパイアされた作品を世に出しています。私が敬愛するマイケルジャクソンの場合、
They Don't Care About Usではマーティン・ルーサーの名を、HIStoryでは演説の一部を、Man in the Mirrorでは演説中のキング牧師の映像を、使用しています。


また、スティヴィー・ワンダーが80年に発表した「Happy Birthday」は「キングの誕生日を祝日にしよう」という運動に捧げた曲だそうです。

Happy Birthday / スティーヴィー・ワンダー


曲を発表した前年の79年に法案が議会に提出されたものの、票がわずかに足りず却下され、スティーヴィーなど支持者たちはキャンペーンを開始しました。
ようやく曲のヒットや嘆願署名の働きかけなどにより、1986年1月第3週から祝日になりました。
ところが、この法律に反対する州もあり、全州が祝日としたのは2000年になってからでした。

初の有色人種の大統領が誕生したのは今からわずか2年前のこと。
「I Have A Dream」の演説からはじつに46年の歳月が流れていました。



I Have A Dream!!!
050701-1[2][1]


↓ ランキングに
参加しています♪
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ

マヘリア・ジャクソンが歌うゴスペル ~人とは罪深きもの~


↑(左)おなじみのクリスマスソングが14曲収録 これからの季節にぜひ聴きこみたい一枚♪



「Amazing Grace」・・・多くの人々に歌われ愛され続けてきたゴスペルの名曲ですが、誕生したのは1772年のこと。作曲者は不明ですが作詞したのはイギリス人のジョン・ニュートンです。
商業的にも広まっていったのは1947年、後にゴスペルの女王と呼ばれるようになるマヘリア・ジャクソンが録音した頃からのようです。

200年以上も歌い継がれ色あせるどころかますます輝きを増し、私たちの心に感動を呼び起こす素晴らしい曲ですが、その曲の誕生の背景を知り失望にも似た違和感を感じました。

作詞者のジョン・ニュートンはもともと奴隷貿易で財を成した人でした。
奴隷として拉致した黒人に対して相当に冷酷な態度をとっていたそうです。後に改心したジョンがかつての自分の行いを悔いて書かれたのが、この「Amazing Grace」という曲でした。

Amazing Grace~という歌いだしから、とても清らかなイメージを持っていたこの曲に、そんな経緯があったとは知らずにいたので、少し複雑な思いがしていました。

そんな時ふと以前、友人が「キリスト教というのは罪を背負っている宗教だから」と言った言葉を思い出しました。それは私の「旧約聖書ってなんであんなに生々しいの?」という質問を受けての言葉でした。つまり人というのは清らかな存在などではなくそもそもが罪深きものであって、それを赦したり赦されたりすることのほうが重要なのだ・・・と、そんな内容の話をしました。
私たちはクリスチャンではないし、お酒を飲みながらした話ですので、解釈が間違っていたらごめんなさい。
ただその時に宗教が違うというのは根本的な考え方も違ってくるんだなということを感じました。
逆に同じものを信仰することで赦しあえるものもあるんじゃないかと思います。

作詞したジョンにとっての「me」というのは、「ひどい仕打ちをしたどうしようもない自分」であるのですが、「Amazing Grace」を受け入れた黒人は「That saved a wretch like me(私のようなろくでなしを救ってくれた)」という歌詞に共鳴して、どんな者でも神を信じれば救われるんだという希望を見出したのです。

そうしたジョンの事情まで人々は知らずにこの曲は広まっていったのかもしれませんが、
罪深く悩み多き同志としてジョンは赦されたのではないかと、今ではそう思っています。



Amazing Grace/マヘリア・ジャクソン


当たり前のことですが歌詞の意味や宗教や社会情勢など、さまざまなことを知ることで
音楽に対する理解も深まっていきますよね~^^


Happy Birthday!
img174x232.jpg


 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ

ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡


↑アルバムの原題「Tres Tres Fort」は
「とても強い」という意味だそうです。


本日(11日)よりコンゴのストリートミュージシャンを描いたドキュメンタリー映画
ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡」が全国順次公開されます。
「スタッフ・ベンダ・ビリリ」のバンドメンバーたちは、障害を持ち家がなく、動物園で眠り
演奏する生活をコンゴで送りながらも、その音楽や生き方によって人々の心に感動と
奇跡を起こしました・・・。




■都道府県・劇場名・公開時期

東京 渋谷 シアターイメージフォーラム  9/11(土)~
愛知 名古屋シネマテーク  9/25~
大阪 梅田ガーデンシネマ  10/2~
京都 京都シネマ  10/16~
兵庫 神戸アートヴィレッジ・センター  10/9~
宮城 仙台チネラヴィータ  10/2~
福島 フォーラム福島  10/9~
静岡 静岡 シネギャラリー  11/13~
静岡 浜松 シネマイーラ  1/15~
北海道 シアター・キノ  12/11~
福岡 西鉄ホール  10/30のみ上映
群馬 シネマテークたかさき  近日
熊本 Denkikan  近日
宮崎 キネマ館  近日
沖縄 桜坂劇場  近日


また今月、全国各地で来日ツアーが決定しています。
ベンダ・ビリリ」とは「外見を剥ぎとれ」という意味だそうです。
生の演奏で「スタッフ・ベンダ・ビリリ」の精神を感じとりたいですね。。




■来日ツアー日程
スタッフ・ベンダ・ビリリ ジャパンツアー2010

■9/19(日) 渋さ知らズ「渋路宴夜」*ゲスト出演
 問:プランクトン 03-3498-2881
■9/21(火) ユニセフハウス「MDG連続セミナー」*ゲスト出演
 ワクチンが守る子どもたちの命~車椅子に乗ったストリートロッカーズのスペシャルメッセージ
■9/25(土)宮城・仙南芸術文化センターえずこホール
 問:えずこホール 0224-52-3004
■9/26(日)静岡・焼津市文化センター
 問:焼津市文化センター 054-627-3111
■9/29(水)、30(木)大阪・堂島リバーフォーラム
 問:堂島リバーフォーラム 06-6341-0115
■10/2(土)茨城・つくばカピオホール
 問:つくば都市振興財団 029-856-7007、つくばカピオ 029-851-2886
■10/3(日)福島・いわき芸術文化交流館アリオス
 問:アリオスチケットセンター 0246-22-5800
■10/9(土)愛知・長久手町文化の家
 問:文化の家 0561-61-3411
■10/10(日)神奈川・よこすか芸術劇場
 問:横須賀芸術劇場電話予約センター 046-823-9999
■10/11(月・祝)東京・日比谷野外大音楽堂「World Beat」
 問:プランクトン 03-3498-2881
■10/13(水)福岡・アクロス福岡シンフォニーホール
 問:ピクニック 092-715-0374
■10/16(土)長野・まつもと市民芸術館
 問:まつもと市民芸術館チケットセンター 0263-33-2200
■10/17(日)東京・三鷹市公会堂
 問:三鷹市芸術文化センター 0422-47-5122

総合お問い合わせ:プランクトン 03-3498-2881


その他の情報は
スタッフ・ベンダ・ビリリ
日本オフィシャルサイトで。

11dba8.jpg にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

ボディガードと気まずいエレベーター

ボディガード スペシャル・エディション [DVD]ボディガード スペシャル・エディション [DVD]
出演:ケビン・コスナー
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010-04-21
クチコミを見る




今日はホイットニー・ヒューストンの誕生日。。
彼女のヒット曲といえば映画『ボディ・ガード』の主題歌にもなった『I Will Always Love You』が有名ですね。
当時は洋楽に詳しくなくても、この曲だけは知ってるといった具合で世間に知れ渡っていました。
結婚式で使用される曲としても人気のある曲でした。

この曲にはちょっとした思い出があります。
曲というか、映画のほうですけどね・・・

☆ ☆ ☆


私は若い頃から映画を一人で観るのが好きでした。
そのほうが集中できるからです。
『ボディ・ガード』も当然のごとく一人で観に行きました。

ホイットニーケビン・コスナーも好きだったし、映画には満足でした。でも問題は映画を観た直後に起きたのです。

その小さな劇場のエレベーターに乗ろうとした時、同じ中学同級生同士で付き合っているカップルにばったり出会ってしまったのです。
しかも二人はけっこう「やんちゃ」で有名でした。
「ああっ!」なんて言いながら同じエレベーターに乗り込んだものの、気まず過ぎます^^;
なんやかんや平然な顔で世間話などしてやり過ごしたものの、
心の中では「早くエレベーター着いてくれ~ 私を地上に降ろしてくれ~」とひたすら願うばかり 汗
一人で映画を観るのは別に恥ずかしいことではないけれど、内容がコテコテのラブロマンスとなると話は別です。
自分のキャラ的にもそれは赤面モノの出来事でした。

でも二人が今まで私が知っていた「やんちゃ」の顔ではなく、
終始穏やかで幸せそうな顔をしていたのが印象的でした。


☆ ☆ ☆


そして数年後の同窓会でその時の彼に再会しました。
二人は結婚していましたが、その時は彼だけが出席していました。
「あの時映画館で会ったよね~」なんて話になった時、「俺もよく一人で映画観るんだ」なんて(フォローかわかりませんが)言ってくれました。

その瞬間、私の心にあの曲が流れて・・・


「えんだぁ~~~~~~♪」



・・・というのは嘘ですが、いい男だなぁ~とその時思いました。


☆ ☆ ☆


そうして数年後にあの時の気まずさは解消されましたが、あれ以来一人で恋愛映画を観ることはなくなったような気がします。。。(笑)


☆ ☆ ☆



この曲はもともとカントリーだったんですね。全然知らなかった^^;
ドリー・パートン『I Will Always Love You』。


Whitney

↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

blogram投票ボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。