カテゴリ:タイアップ・企画 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ソフトバンク CM 洋楽メドレーと白戸家のクラシック音楽

白戸(ホワイト)家のクラシック音楽白戸(ホワイト)家のクラシック音楽
(2008/10/15)
ホワイトオーケストラ

商品詳細を見る



 孫正義(ソフトバンクグループ創業者) 8月11日生まれ 


センスいいなぁ~といつも感心してしまうのが、ソフトバンクのCMの選曲。
メドレーにしてYouTubeにアップしてくださった方がいますので、そちらの動画をご覧(お聞き)ください。

ソフトバンク CM 洋楽メドレー


80年代前後の曲が多いでしょうか。
CMで違う映像を使っただけで、音まで新鮮に聞こえたりするのが不思議ですね。
目に見えるものより音のほうが劣化しないということなのでしょうかねぇ?^^


上の動画にも好きな曲が何曲かありますが、私が特に印象に残っているのはセルゲイ・プロコフィエフが作曲したバレエ曲「モンタギュー家とキャピュレット家」です。

1:34~ わかると思います
モンタギュー家とキャピュレット家(ロミオとジュリエット)


なぜこれが印象に残っているかというと、たまたま聴いていたクラシックアルバムにこの曲が入っていたからです。コレを聴いて「CMに使ったれ~」とひらめいた人、やっぱりセンスいいなぁ~と思います!


ちなみにこちらがCMです→ ソフトバンク CM 『ホワイトコール』
猫がしゃべるユーモラスな設定に、重厚な音楽がよりシュールな世界観を創りあげてますね!


ほかにもクラシック曲を何曲か使用していて、3年前にクラシック音楽集が発売されています。
チャイコフスキーの曲なども格調高くて可笑しさが増してますよね!
こんなふうにCMで使われたら敷居の高そうなクラシックの曲もぐっと身近に感じられます^^
スポンサーサイト

Misirlou、Pump It のもとはミシルルーというギリシャ民謡

Persuasive PercussionPersuasive Percussion
(2011/07/12)
Terry the All Stars Snyder

商品詳細を見る



 タクシーの日 8月5日 (1985年~ 東京乗用旅客自動車協会が制定)


今月3日に紹介した「ナンバーワン90s ムービー・ヒッツ」に収録された「ミザルー」という曲。
ディック・デイル&ヒズ・デル・トーンズによるこの曲は「パルプ・フィクション」のほか、フランス映画「Taxi」シリーズにも使用され、シリーズ4作目のオープニング曲にはリメイクであるブラック・アイド・ピーズの「Pump It」が使われています。
Pump Itといえばライブでは必ず盛り上がるBEPの代表曲。Summer Sonic 2007で、この歌は日本のブルートレインの中で書いたということをウィル・アイ・アムが話しています。

YouTube→ Misirlou - ディック・デイル&ヒズ・デル・トーンズ(パルプ・フィクション オープニング)
YouTube→ Pump It - ブラック・アイド・ピーズ(Summer Sonic 2007)


実はこのミザルー、ディック・デイル&ヒズ・デル・トーンズが初めて演奏したわけではなくて、1959年にリリースされた「Persuasive Percussion」というアルバムに収録された曲があります。

Misirlou - テリーシュナイダー・アンド・ザ・オールスターズ


シンプルだけどエキゾチックで幻想的な感じ・・・先述の2曲とは随分印象が違いますね。


さらに遡って1927年に録音された歌詞入りの曲もありました。
もともとは「Μισιρλού(ミシルルー)」というギリシャ民謡だったようです。

Μισιρλού



Wikipediaによると・・・

アラビア語で「エジプト」の事をミスル(アラビア語:مصر, ラテン文字転記:Miṣr)と言う。このアラビア語がトルコ語に入り、ムスル(トルコ語:Mısır)となった。同じく「エジプト」の意味である。この語にトルコ語で「~出身」を意味する接尾辞~ル(-lı)がついたものがムスルル(トルコ語:Mısırlı)である。「エジプト出身」という意味になる。これをギリシャ語で表現したものがミシルルー(ギリシア語:Μισιρλού, ラテン文字転記:Misirlou)である。同じく「エジプト出身」の意味になる。この手の歌の詞によくある事であるが、この歌の歌詞は娘(少女、娘、女性)の事を想った内容である。歌詞が娘のことを想い歌っている内容なので、Μισιρλούだけでは「エジプト出身」という意味にしかならないが、歌詞全体を眺め、略されている部分を補って訳すと「エジプト出身(の娘)」→「エジプト(出身)の娘」→「エジプトの娘」となる。アメリカでは『ミザルー』(Miserlou)とも表記することもある。

・・・とあるので、いわゆるラブソングのようですが、深夜に聴くにはちょっとだけコワかったですw


おなじみの曲でも突きつめると意外な事柄が出てくるものですね^^
80年以上も受け継がれる曲があることにも感銘を受けるし、その時代時代で表現の仕方が変わってくるのも音楽の面白いところだと思いました!

MJの「On the Line」が本日発売の映画音楽集に!

ナンバーワン90s ムービー・ヒッツナンバーワン90s ムービー・ヒッツ
(2011/08/03)
オムニバス

商品詳細を見る




 ナンバーワン90s ムービー・ヒッツ 本日発売 


ホイットニー・ヒューストンセリーヌ・ディオン・・・名曲揃いの映画音楽集が本日発売です。
個人的に「おおっ!」と思ったのは、やはりマイケル・ジャクソンのあの曲が入っていること!


【曲目リスト】 

ディスク:1
1. オールウェイズ・ラヴ・ユー|ホイットニー・ヒューストン『ボディガード』より
2. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン|セリーヌ・ディオン『タイタニック』より
3. ホール・ニュー・ワールド|ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル『アラジン』より
4. She|エルヴィス・コステロ『ノッティングヒルの恋人』より
5. オン・ザ・ライン|マイケル・ジャクソン『ゲット・オン・ザ・バス』より
6. ステイ|リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ『リアリティ・バイツ』より
7. 愛のぬくもり|ロクセット『プリティ・ウーマン』より
8. アンチェインド・メロディー|ライチャス・ブラザース『ゴースト ニューヨークの幻』より
9. 美女と野獣|セリーヌ・ディオン&ピーボ・ブライソン『美女と野獣』より
10. 君の瞳に恋してる|ローリン・ヒル『陰謀のセオリー』より
11. 小さな願い|ダイアナ・キング『ベスト・フレンズ・ウェディング』より
12. フォー・ザ・ファースト・タイム|ケニー・ロギンス『素晴らしき日』より
13. 愛にすべてを|WET WET WET『フォー・ウェディング』より
14. キッシング・ユー~ロミオ&ジュリエット 愛のテーマ|デズリー『ロミオ&ジュリエット』より
15. キス・ミー|シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー『シーズ・オール・ザット 彼女は最高!』より
16. トーン|ナタリー・インブルーリア『メッセージ・イン・ア・ボトル』より 
17. アイ・ドント・ウォント・トゥ・ウェイト|ポーラ・コール『シティ・オブ・エンジェル』より

ディスク:2
1. ミザルー|ディック・デイル&ヒズ・デル・トーンズ『パルプ・フィクション』より
2. ディーパー・アンダーグラウンド|ジャミロクワイ『GODZILLA』より
3. シャイ・ガイ|ダイアナ・キング『バッドボーイズ』より
4. アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ|ジミー・クリフ『クール・ランニング』より
5. ウェイク・アップ|レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン『マトリックス』より
6. ボーン・スリッピー|アンダーワールド『トレインスポッティング』より
7. ハッシュ|クーラ・シェイカー『ラストサマー』より
8. ステイ・ヤング|オアシス『パラサイト』より 
9. ユー・ワー・ゼア|ベイビーフェイス『サイモン・バーチ』より
10. ハウ・ドゥ・アイ・リヴ|トリーシャ・イヤウッド『コン・エアー』より
11. オ-、プリティ・ウーマン|ロイ・オービソン『プリティ・ウーマン』より
12. マイ・シャローナ|ザ・ナック『リアリティ・バイツ』より
13. ザ・ワン・アンド・オンリー|チェズニー・ホークス『ドク・ハリウッド』より
14. スピード|ビリー・アイドル『スピード』より
15. ザ・ショウ・ゴーズ・オン|ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ『バックドラフト』より
16. アイ・ビリーヴ・アイ・キャン・フライ|R.ケリー『スペース・ジャム』より
17. ホエン・ユー・カム・バック・トゥ・ミー・アゲイン|ガース・ブルックス『オーロラの彼方へ』より
18. ビルド・ミー・アップ・バターカップ|ザ・ファウンデーションズ『メリーに首ったけ』より


 ******


「On the Line」は1996年公開のスパイク・リー監督作品「ゲット・オン・ザ・バス」のオープニング曲に採用されましたが、レコード会社の都合によりサントラ盤には収録されませんでした。
翌年発売された「Ghosts」の限定ボックスセット(VHS+CD)に収録されますが、マイケルのオリジナルアルバムに入ることはなく、2004年発売の「The Ultimate Collection」と2008年発売の「King Of Pop UK edition(3CD)」にバージョン違いが収録されることに。

MJファンにはおなじみの曲でしょうが、一般的にはあまり知られていない名曲だと思います^^


ゲット・オン・ザ・バス オープニング

プレイング・フォー・チェンジ この一年で何が変わっただろうか





 Char 6月16日生まれ 
 ブログ開始から一年 


プレイング・フォー・チェンジは、グラミー受賞経験もあるプロデューサー/エンジニアのマーク・ジョンソンが、文化・宗教・社会的背景を超えて、世界中のミュージシャンが同じ楽曲を奏でることで繋がることを目指したプロジェクト。
マークと彼のクルーは、過去10年間にわたり世界中を旅して、プロ・アマ問わずのべ100人以上の各地のミュージシャンを最新のモバイル・テクノロジーで録音及び撮影。それを巧みな編集技術で1つのテイクに合体させて、あたかも世界中のミュージシャンが一つの楽曲を一緒に奏でているように仕上げており、楽曲や映像を通して「世界平和」「人類平等」の大切さが伝わってくる、感動的な作品集です。
プロジェクトの主旨に賛同した大和証券は、2008年10月よりプレイング・フォー・チェンジの映像をTV-CMに起用。現在オンエア中の新TV-CMシリーズでは、日本人アーティストのChar、東儀秀樹、福原美穂が参加。〉 Playing For Change 日本語ページより  
Playing For Change 公式サイト(英語ページ)
 

Gimme Shelter / プレイング・フォー・チェンジ



Sittin' On The Dock Of The Bay / プレイング・フォー・チェンジ



一年前、プレイング・フォー・チェンジにも参加しているCharの誕生日からこのブログは始まりました。
プレイング・フォー・チェンジは10ヶ月ほど前に紹介したので、少し懐かしさも感じながらこの期間一体何が変わったのだろうかと振り返りました。

大きく変わったこともあれば、何も変わらないものもある。
よくなったこともあれば、悪くなったものもあるだろう。
でも、きっとよくなっていかなきゃダメなんだ。


音楽の力を借りて前向きにまた歩んでいきたいと思っています。

一年間どうもありがとうございました。偏った音楽への愛情を、マイペースの気まぐれ更新の中で語らせていただきますので、またどうぞこれからもお付き合いくださいませ。

日曜の夜はJIN派? それともマルモ派?





日曜の夜といえばドラマを楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
今、TBS系の9時から放送している「JIN-仁-」と、同じ時間にフジテレビで放送している「マルモのおきて」が人気のようで、ドラマもそろそろ佳境に入っている頃ではないかと思います。
私はというと実は両方とも2~3回は見たのですが、面白いドラマだなとは思いつつ、連続ドラマがどうも苦手でしてほとんど見ていないんですよね・・・。今夜も見れなかったし。。
でも、ホントに2つのドラマともオリジナリティにあふれているし、出演者ばかりが豪華な恋愛ドラマ見るよりは断然面白いと思います。・・・あまり見てないのにどうもすみませんです。。^^;

そして挿入されている音楽がまたいいですね!


JIN-仁- 主題曲


ノスタルジックで壮大な風景を感じとても感動的なメロディです。
思わずドラマを見たくなりますね!(←じゃあ見ろって^^;)


マル・マル・モリ・モリ! / 薫と友樹、たまにムック。


子役の芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんがと~っても可愛いですね!
あ、ムックと阿部サダヲさんも可愛いと思います!!w

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。