カテゴリ:懐かしの邦楽 ~80年代 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

宇多田ヒカルの今日のつぶやきと藤圭子との共演作

ゴールデン・エラゴールデン・エラ
(1999/05/05)
藤圭子 with cubic U、Cubic U 他

商品詳細を見る



 藤圭子 7月5日生まれ 

今日の宇多田ヒカルのツイッターから
『「面影平野」歌うカーチャンすごくかっこ良くて美しくて、ああくそどうにかあれダウンロード(保存?)しときゃよかった…』 とのこと・・・。
不謹慎(?)に思う方もいるかもしれないけれど、まぁ気持ち的にはわかりますよね^^


面影平野 - 藤圭子


やはりライブで歌っているものは削除されてしまったようです。宇多田サン残念。。


こんな親子共演曲も素敵☆

Golden ERA - 藤圭子 with cubic U

スポンサーサイト

サディスティック・ミカ・バンド 2代目ヴォーカリストの桐島かれん

晴天 LIVE IN TOKYO 1989 [DVD]晴天 LIVE IN TOKYO 1989 [DVD]
(2009/12/16)
サディスティック・ミカ・バンド

商品詳細を見る



 桐島かれん 8月20日生まれ 


前回ちらっと名前が出たサディスティック・ミカ・バンド。70年代に一度解散し、89年の再結成で2代目ヴォーカリストとして加入したのが桐島かれんでした。
初代ヴォーカリストのミカの頃がファンキーなら、2代目のかれんの時代はスタイリッシュな感じ。
それはサディスティック・ミカ・バンドというバンドが時代を映す鏡のようなものだったからでしょうか。


Bots & Girls - サディスティック・ミカ・バンド


非常に綺麗な人でしたね。顔は(ハーフだから)洋風なのですが、おきゃんだとか別嬪だとか艶っぽいだとか、そういう古めかしい表現が似合う気がしませんか^^
真面目でぶっ飛んだ・・・なんて言われてましたが、歌の世界を演じてるふうにも見えますね。
彼女のような甘ったるい声と芝居がかったような話し方や歌い方は結構好きです。


「タイムマシンにお願い」も大好きな曲。三者三様です。

初代:ミカ(Sadistic Mika Band 客演・松任谷由実)
http://youtu.be/7AgPpNmAWr8

2代目:桐島かれん(Sadistic Mica Band)
http://youtu.be/1_WUzV_kk38

3代目:木村カエラ(Sadistic Mikaela Band)
http://youtu.be/DCWSwOn3L90

ジュリー、あんたの時代はよかった!





 沢田研二 6月25日生まれ 


今日は一年ぶりにジュリー沢田研二)の話題です。
本当はもっと登場させたかったのですが、去年の誕生日以来になってしまいました^^;

 ******

YouTubeなどでシェアしていただけるおかげで懐かしいもの、初めて観るもの聴くもの、いろいろな映像が楽しめますね^^
昔の歌謡曲などを聴いていると「あれ、この人こんなに歌上手かったんだぁ~(逆もまたありですが^^;)」とか、「こんな曲も歌ってたのね」なんて感心したりすることは多々あります。

今日はジュリーの衣装やセクシーさなどヴィジュアル面のお話をしようかと思っていましたが、こんな意外な曲を歌っていたという発見があったので、そのお話に切り替えました(セクシーうんぬんの話題はまた次の機会に~w)


それは外国語曲で一曲目は「MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE」というフランス語で歌われた曲。この曲はなんと1975年にフランスのラジオチャートで最高位4位というヒットを放っています。70年代というと日本でも外国の歌手がカタコトの日本語で歌ってヒットしたりということがあったので、その逆バージョンのようなものですね。
Wikipediaで調べると70年代にはヨーロッパをはじめ、アジアやオーストラリアでもシングルやアルバムをリリースしており、一国のみのリリースもあったりで海外進出に力を入れていたことがわかりました。


↓画質はよくないのですが、頑張って雰囲気出そうとしているセットやキャストがいいかんじですw
MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE - 沢田研二

動画に「パリのどこのキャフェのジュークボックスにもこの曲があった」「そっちこっちから聞こえた」とのコメントがあるので、本当に人気があったのですね!
英語ではなくてフランス語というところにもジュリーらしさを感じました。
彼の甘い声や気品あるたたずまいなどはヨーロッパ的なものにマッチしている気がします。

「MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE」は後に日本語バージョンも発売されます。
巴里にひとり - 沢田研二 ・・・歌詞はフランス語版とはまったく違ってるようですね。 


そして、次の曲は日本のみのリリースですが「CHI SEI(君は誰)」という全編イタリア語のカンツォーネ。
これは1984年発売の「AMAPOLA」(←これも元はスペイン語曲)のB面に収録された曲でした。
歌詞はイタリア人に依頼したようですが、作曲はジュリーなんですね~ 素晴らしい!

CHI SEI (君は誰) - 沢田研二



奇抜な衣装や斬新な演出で楽しませてくれたジュリーですが、その根底に飽くなきチャレンジ精神やたゆまぬ努力、誰にも真似ることのできない個性や実力があってこそなのです!!


そして最後にやはりセクシージュリーを注入してしまう私・・・。
サムライ - 沢田研二 【セクシー過ぎて閲覧注意】です。。。 


生放送なのにこのクオリティーの高さったら・・・!
「カサブランカ・ダンディ」の歌詞に「ボギー、あんたの時代はよかった」っていうのがありますが・・・

ジュリー、あんたの時代だってよかったよ~!


j78t3.jpg

レイザーラモンRG×椿鬼奴の最強デュオ「目を閉じておいでよ」





 レイザーラモンRG 6月8日生まれ 


いつにも増してゆるいネタですが・・・^^;

以前、アメトーーーク!で見て衝撃を受けたレイザーラモンRG×鬼奴のデュエットが(別の番組だけど)YouTubeにアップされていたので、貼らせていただきますね。


目を閉じておいでよ / レイザーラモンRG×椿鬼奴


私は大笑いしましたが、これって元ネタ知らない方も(若い方は特に)多いのかな? 
BARBEE BOYS(バービーボーイズ)は80年代頃に活躍した、KONTAと杏子のツインヴォーカルが魅力のロックバンド。本家の動画もどうぞご覧下さい。


目を閉じておいでよ / BARBEE BOYS


RG×鬼奴の動画を見て「やばい~ 似てる~w」なんて思ってたけど、やっぱり本家のほうが数倍カッコいいですね~ww(あたりまえだ)


最近RGはあるあるネタで押してますよね。よかったらこちらも→ 手羽あるある 棚卸しあるある 

無駄に声よくて歌も上手いんだわww 私はこういうハートの強い芸人さんて好きですね~w 
でも、どこが面白いの?とか、イラっとするとか言われたら、その意見に反論できない気がしますww

昭和の強力コラボ アン・ルイス&吉川晃司 ~六本木心中~





 アン・ルイス 6月5日生まれ 


ぶっとんだファッションに、チャーミングな笑顔、そしてキュートなトーク。(←昭和口調?w)
歌いだせばとにかくカッコよくて、お茶の間を飽きさせない魅力にあふれていたアン・ルイス

わおっ! こんなスゴイこともしていらしたのねぇ~!!
先日、結婚を発表したばかりの吉川晃司との強力コラボです!



なんか「バブル&エロス」ってかんじwwww でもこの二人、サマになってますね~
今、これだけパワフルでセクシーに見せ場を盛り上げられる歌手っているのだろうか?
・・・吉川さん、終盤声出てないみたいだけど、アン姐さんに魂抜かれちゃったの~?w

昨日もそうでしたが、今月は懐かしい時代の曲を取り上げることが多くなりそうです。
古き良き昭和の時代を思い出してちょっと泣きそうに。。(笑)

でも「平成の時代だっていい時代だよ」っていつか言ってみたい。。^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。