スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

東儀秀樹のOut of Border


↑絵や文章にも温かさがにじみでている彼の著書もチェックしたい♪



雅楽というと古式ゆかしき結婚式など堅苦しいイメージがありますが、奈良時代から続く楽家に生まれ宮内庁の楽師として活躍していた東儀秀樹は、宮内庁退職後フリーとなって表現の幅を広げ、私たちの耳にもなじみやすい新しい音楽を届けてくれました。

専門とする雅楽器は篳篥(ひちりき)ですが他に龍笛、鳳笙なども演奏し、また海外で生活していたこともあってか洋楽の影響も多く受けており、ピアノ、ギター、チェロなどの洋楽器などの演奏もされるそうです。



New Asia/TOGI+BAO(2008年まで活動していたユニット)




夜空ノムコウ/東儀秀樹


なんと東儀さん自身の詞でラップも披露していらしたとは!
この曲が収録されているアルバムのタイトルは「Out of Border」。
まさにボーダーを超えて新しい世界へ挑戦し続ける彼の心意気を感じます。。



Happy Birthday!!!
l.jpg

 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。