スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Ne-Yo 新作アルバムを漫画化 【10/19 追記あり】


↑(左)デラックス・エディション
 (中)初回限定版(CDのみ)
 (右)本名であるシェイファー・スミス時代の幻の音源がCDに♪



先日アップした「The Way You Make Me Feel対決?」の中で紹介したニーヨの「One in a Million」。
ちょっと野暮でコミカルな印象を持ってしまったのですが、10月27日発売予定(日本での先行発売)のアルバム「Libra Scale」が漫画化され出版されるというニュースがありました。
bmr.jpによると・・・


 ☆ ☆ ☆

“Libra Scale”は、ニーヨが自ら書いたストーリーを元に作られており、彼が演じるジェローム(Jerome)が‘ある男’に3つのルールを守ることを条件に超能力を授けられヒーローとなるものの、「絶対に恋に落ちてはいけない」というルールを破ってしまったことで、愛するプリティ・シンクレア(Pretti Sinclair)が最大の敵、ダイアモンド・アイ(Diamond Eye)に変貌してしまい、街を支配されてしまうという筋書きになっている。これまでミュージックビデオ上でそのストーリーが短編映画のような形で描かれていたが、今回のマンガ版も同様の形になるようだ。

 ☆ ☆ ☆


・・・とのことです。なるほど。
どうりでマンガチックだし、「To Be Continued...」の謎はこのことだったのかな・・・。
マンガとリンクさせるとは新しい形で、なかなか素敵な発想だと思います。
出版時期や日本のファンがどのように手に入れられるのか、はっきりわかっていませんがちょっと気になるニュースでした。


それでは「Libra Scale」デラックスエディションのDVDに収録される3本のPVをご覧ください。



Champagne Life/ニーヨ




One in a Million/ニーヨ




Beautiful Monster/ニーヨ



Happy Birthday!
neyo.jpg
なぜか
しゃちほこの
ようなポーズ。。


 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

人気ブログランキングへ


【10/19 追記】
HMVのニュースでストーリーが明らかにされていました。

詳しくはこちらで⇒『Libra Scale』のストーリーについて
icon

★本作『Libra Scale』のストーリーについて
まず、このストーリーにはクライド(Clyde)、レロイ(Leroy)、ジェローム(ジェローム)っていう3人の登場人物がいるんだ。僕の役はジェローム。3人はゴミ収集の清掃員として働いてるごく普通の人々。で、彼らはいつも「みんなの羨望の的になるような、カネに車に服にオンナにジュエリーと好きなものをなんでも手にできたら、どんな気分なんだろう」って話してる。そうしたら空からある男が降りてきて、彼らにそのずっと夢見てきた生活を与えてあげよう、って言うんだ。カネに権力に服に車にオンナに、ってすべて。ただし、条件があって、彼らはスーパー・ヒーローとして自分たちの住む街を守らなきゃいけないんだ。彼らはその条件を飲んで、3つのルールの下に生きることになるんだ。
- 第1条「どんなことがあっても、どんな手段をとっても、街を守ること」
- 第2条「いつどうやってその力を与えられたのかは決して公言してはいけない」
- 第3条であり、最も厳重なルールとされているのは、「なにがあろうと、どんな形であろうと、絶対に恋に落ちてはいけない」
ガールフレンドや妻はダメ。グルーピーとかそういうのは好きなだけ楽しめばいいけど、彼女とか妻とかいったように本気で好きになっては絶対にいけないんだ。で、もちろんこの3人は若い男子だから「オッケー」なんて軽く承諾しちゃうわけ。でも結局、主人公のジェロームはとある女性に出会って恋に落ちる。その後、紆余曲折を経て、彼らは選択せざるを得なくなり、「愛」と「富・権力・名声」のどちらを選ぶのか、という内容なんだ。

★1stシングル「Beautiful Monster」について
「ビューティフル・モンスター」はまず、音楽的な部分から言うと、「クローサー」で僕はまったく新たなジャンルのファン層を得たんだ。だから4作目を作るにあたって、ああいう類いの、ああいう世界のものをまたなにかやらなきゃいけないって思ったわけさ。だからスターゲートに、「「クローサー」の25倍のものを作らなきゃ」って言ったんだよ。で、「クローサー」のいいところをすべて集めてパワーアップしたら、その結果生まれたのが「ビューティフル・モンスター」だった、ってわけ。あの倒れるまで踊りたくなるような要素を持ちながら、もうちょっとグランジっぽいテクノ/ハウス的な要素も入ってる。正確なジャンル名は思い出せないんだけど、そのうち思い出すよ。音楽的なこと言うと、「ビューティフル・モンスター」はそんな曲。ストーリー的な部分を言うと、これは最大の敵でもあり恋の対象でもあるプリティ・シンクレア(Pretty Sinclair)ってキャラクターのテーマソングになっている。彼は彼女に出会って、恋に落ちて、うっかり彼女を最大の敵、ダイヤモンド・アイ(Diamond Eye)っていう名前の美しきモンスターに変えてしまうんだ。

★2ndシング「Champagne Life」について
  「シャンパン・ライフ」はいわゆるフィール・グッドな曲。これはジェロームたちが最初にスーパー・パワーを手に入れて、街を守ってる時の様子を物語っている。街全体が彼らを慕ってるんだ、この時点では。だから彼らがずっと夢見てきた生活を送ってるんだよ。カネもあるし、名声もあるし、女性にも囲まれてる。みんなが彼らのことを知ってるし、みんなが彼らのことを大好きだ。「シャンパン・ライフ」はそんな彼らの人生賛歌なんだ。いかに彼らがずっと求めてた生活を楽しんでるかっていうね。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。