スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

島唄の日


↑(左)ボーナス・トラックでTHE BOOMの「島唄」のカヴァーを収録♪



本日11月10日は「島唄の日」だそうです。
・・・とはいえ何をする日なのかはわからないんですけどw
奄美のラジオ局が今年制定したのだそうです。

島唄というのは近年、琉球民謡と混合して使われているようですが、もともとは奄美群島の民謡を指していたようです。奄美出身の歌手と言えば、元ちとせ、中孝介が思い浮かびますが、2人とも奄美民謡大賞を受賞した実力派。民謡界からデビューする歌手は演歌というイメージがありますが、何故か2人ともJ-POPですね。そういえば琉球民謡の方々も演歌ではなく、ほとんど皆ポップ寄りです。

同じ日本の民謡でも北はソウルで南はポップというか、片やカントリー片やラテンというぐらい(←もはや自分の言ってることの意味もわかんなくなってるけどw)音楽の傾向が違うのは、
日本が細長い地形をしていて気候も違えば、そこに住んでる人の気性も違うからなんだろうなぁ~。

私は好きな音楽のジャンルを聞かれると困っちゃうぐらい雑食でして(だけど食が細いw)、大雑把なくくりだけどいわゆるワールドミュージックと呼ばれる、その土地に根ざした音楽、民族の間で奏でられ歌い継がれてきたような音楽が好きです。一年ぐらいで消えてしまうような流行歌じゃなくて、何年も何年も愛されていて生活の一部のような音楽。

なので、若いのにそういったものをちゃんと継承している方を見るとスゴイな~と思うし、そういった土壌を持っている奄美という土地にも強く惹かれます。

こちらのサイト→ラジオ喜界島では島唄の視聴とCDの購入ができます。
これ、いいですよ~ 民謡酒場にいるみたいw お酒がすすみます~ww
実はちょっとイジけてたんだけど(笑)、そんな気持ちも飛んでっちゃったみたいw



話は戻りますが、元ちとせを初めて聞いた時ゃ、やはり衝撃的でした。
ワダツミの木/元ちとせ




今は育児が中心かな?
canvas.png


 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
音楽は

言語と共通点が多いですね
同じ国でも土地により方言があるように音楽も地方によって変化しますね。インド音楽なんかは使用する音階までちがいます(考えたら沖縄もそうですね)
料理とも似てるかも。北国と南国では味付けや調味料も違いますからね。音楽も言語も料理も土地の人の生活に密接にかかわってる、という共通点があります

2010.11.11 17:31 seitaiplusone #- URL[EDIT]
Re: 音楽は

seitaiplusoneさん

そうですね!
音楽も北国はぬくもり重視で、南国はスパイシーな感じかな?
(いつも意味不明ですみません^^;)

日本に住んでるおかげで万国の料理や音楽が楽しめますよね。
もっと守備範囲広げていろいろ知りたいなと思っています。
歴史なども掘り下げてみるともっと楽しめるかもしれませんv-290

2010.11.11 19:11 Mika #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。