スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

MJとJDを支えた包容力、そして美しさ




 エリザベス・テイラー 2月27日生まれ 


世界一の美女は誰かと問われたら少し迷いますが、私はエリザベス・テイラー(以下、リズ)の名を挙げるでしょう。

彼女の出演映画はそう多く観ていませんが、特に美しさを際立たせている作品は何だろうと考えたところ、ロック・ハドソン、ジェームス・ディーン(以下、ジミー)とともに出演した「ジャイアンツ」ではないだろうかと思います。
ジミーが好きなので、彼の遺作として思い入れがあるというのもありますが、リズはドレスを着なくてもこんなにも美しいんだという(いや、むしろラフな格好だからこそ際立つのか・・・)新たな発見。

思えばリズは女優として素晴らしい演技力があるにもかかわらず、あまりの美貌にくらべ演技はさほど(一般には)評価されず、損してきたのではないでしょうか。美しくなければできない役は回ってくるけれど、それは彼女の個性を存分に生かしていない気がするのです。


「ジャイアンツ」予告編


「ジャイアンツ」でリズが演じる役は人間味があって優しい人柄の女性。リズ自身もこの映画の撮影中、繊細な性格でデビューしたばかりのジミーを何かと気づかい、精神面を支えていたそうです。


このエピソードから連想するのは、リズとマイケル・ジャクソンとの友情です。
マイケルも彼女の包容力で、どんなにか精神的に支えられ心が休まったことでしょう。

Leave Me Alone / マイケル・ジャクソン カメオ出演:エリザベス・テイラー 友情出演:バブルスw



今月に入ってから心不全のため入院されているということです。
早く回復されますようにお祈りします・・・。



ビジンを鼻にかけてない
  ところも魅力♪
rare_photographs.jpg
クリックよろしくお願いします♪ にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。