スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

不測の事態にもたじろがない男、マイケル。




 ソウル・トレイン・アウォードで、マイケル・ジャクソンが最優秀男性R&B/ソウル・シンガー賞(Remember The Time)と最優秀男性R&B/ソウル・アルバム賞(Dangerous)を受賞  
(1993年3月9日)


ソウル・トレイン・アウォードの授賞式でマイケルは受賞作品である
「Remember The Time」をパフォーマンスしました。


「Remember The Time」をライブで披露したのはこの授賞式の時だけ、、しかも椅子に座ったままのダンスという珍しいパフォーマンスです。
足を痛めているように見せた演出だとおっしゃる方もいますが、まぁ、マイケルがスピンの練習中に痛めてしまったと言うので、そうなんだろうと思います。
いずれにせよ、不測の事態が起きてしまってたんだろうと。。
それでもその時に出来うる最高の見せ方をしてますよね~^^


この授賞式の話からはそれてしまいますが、「不測の事態」で思い出した映像があるので、
今日はよかったらそちらもご覧下さいませ~


 ☆ ☆ ☆


一本目はDangerousツアーのモスクワ公演ですが、野外ライブで雨が降っているようです。
JAM / マイケル・ジャクソン


最初は「ダメだ、踊れないよ」なんて言ってるようにも見えますが、あれ、つるつる~♪って、ちょっと楽しんでるように見えないこともないww
9月のモスクワはすでに寒かったんじゃないかとも思いますが、スーパースターといえど、こんな大変な目に遭うこともあるんですね。
でも、しっかり決めるトコは決めて・・・さすがです!


 ☆ ☆ ☆


さて、一歩間違えばもっと大変なことになっていたんじゃないかというのが次の映像です。。
Smooth Criminal / マイケル・ジャクソン


ダンサーがガードしてくれてよかった~!!
ジャクソンズのライブではやはりステージに上がってきた観客に、腕を掴まれてるのも見たことがあるし、ジャクソン5時代も女の子にもみくちゃにされて、息ができないような目に遭ったとも話していました。そんな経験からか、上の映像では何事もないかのように踊り続けるマイケルですが、常に何が起こるかわからない緊張感にさらされていたんじゃないかなー。。

あ、なんか話がそれまくりましたが、どんな状況に置かれてもベストな選択をしてきた人なんだろうな、という話です(特にステージの上では)。



imageitem-big-080831020812-michael-jackson8.jpg

うはっ こんなに
もらっちゃった♥
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。