スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

マリリン・モンローのドレスがオークションに / 未発表写真も発見!





 マリリン・モンロー 6月1日生まれ 


誕生日を直前にマリリン・モンロー関連のニュースがたてつづけに入ってきました。


 ******


まずは [シネマトゥデイ映画ニュース] からこのニュース。


マリリン・モンローさんが映画『七年目の浮気』地下鉄通気口の場面で着用したホルターネックの白いドレスがオークションに!

 セックス・シンボルの代名詞である女優のマリリン・モンローさんが、1955年の名作映画『七年目の浮気』で着用していた白いドレスが、オークションに出品されるとタイム誌が報じた。

 白いドレスは、映画『雨に唄えば』の女優デビー・レイノルズが所有し、テネシー州のリゾート地に開館したハリウッド・モーション・ピクチャーズ博物館の目玉となっていた。デビーが50年近くかけて収集してきた映画関連の逸品は、3,500点以上。しかしながら、現在79歳のデビーは“経済的な理由”から手放すことを決めたようだ。彼女のコレクションには、映画『オズの魔法使い』でジュディ・ガーランドが着たブルーの衣裳、映画『マイフェア・レディ』のオードリー・ヘプバーンのアスコットドレス、映画『ハロー・ドーリー! 』のバーブラ・ストライサンドのゴールドのドレスなどがある。

 マリリンさんが、地下鉄通気口の場面で着用したホルターネックの白いドレスは、衣装デザイナーのトラビーヤが手がけた。その後のアメリカのポップカルチャーの代表とされていただけに、その価値は軽く200万ドル(1億6千万円/1ドル80円換算)超と見積もられている。カリフォルニア州の競売会社プロファイルズ ・イン・ヒストリー主催のオークションは、来月早々に、ロサンゼルスの博物館ペイリー・センター・フォー・メディアで披露されたのち、18日に競売が行われるという。(南 樹里) 


・・・あの名シーンで着用していたドレスをデビー・レイノルズが所有していたとは驚きです!
ドレスのすそが通気口からの風でふわ~っとめくれあがるシーンは、そのままマリリン・モンローのイメージを決定づけるようなセンセーショナルなものでしたね。


 ******


さらにこちらは一昨日になりますが、未発表のお宝写真が発見されたというニュース。
ガレージセールで購入したネガに写っていたというから、これまたビックリなニュースでした!
こちらでご覧下さい→ Daily Mail (英文)


 ******


亡くなって50年が経とうとしているのに、まだまだ話題をふりまいてくれるとは、なんてサービス精神旺盛な方なのかしらw


彼女の女優人生を表しているかのような映画タイトル? 「ショウほど素敵な商売はない」より 



彼女はマリリンにしかできない役を演じ、マリリンにしか歌えない歌を歌ってきました。ところが自分では、世間のマリリン・モンロー像と自分自身が描く女優像というものにギャップを感じていたらしいのです。
コメディエンヌやセックスシンボルという表現は、本人にとってはありがたくない肩書きだったのでしょう。
でも、マリリン・モンローという存在は後にも先にも一人しかおらず、大人の(特に男性にとって)おとぎ話には必要不可欠な女優さんだったと私は思っています。



近くではアインシュタイン
遠くからはマリリン・モンロー
に見える不思議な写真
242453253424532.jpg
クリックで大きくしてね♪
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。