スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

半田健人が熱く語る昭和歌謡の魅力


↑(左)カップリング曲は「新宿、泪知らず」
(歌:渚ようこ×半田健人 作詞・作曲・編曲:半田健人



 半田健人 6月4日生まれ 


半田健人という俳優を知っていますか?
・・・といっても、私は彼が演技しているところは見たことはありません^^;(←ドラマをあまり見ないせい)

彼は多趣味(しかもかなりマニアック)なようで、特に昭和歌謡に造詣が深く、数年前にNHKの「通」で披露した解説は作詞家・阿久悠をもうならせるほどでした。
以前、当ブログで紹介した動画(http://youtu.be/WVu7cy15dg8)ではピンク・レディーのサウスポーを、オーケストラをバックに解説していましたが、今日紹介する動画では昭和歌謡の魅力を、ペドロ&カプリシャスの名曲「ジョニィへの伝言」を例に歌詞の面から語っています。




半田教授wはプレゼンが本当にお上手!
この時23歳ってww スゴすぎるww ますだおかだのギャグにも解説入ってるしwww
この人は芸能界じゃなくても、他の業界で立派に食べていけそうですね。
営業なんてさせたらめちゃくちゃ成績よさそう!
あ、でも最近露出が少ない気がするので、もっとTVに出てほしいなぁ。。


阿久さんがおっしゃっていたJ-POP=ブログ的、歌謡曲=映画的というのもよくわかります。
最近では読みごたえのある記事を書くブロガーさんもたくさんいるので、もしかしたらJ-POPの歌詞はブログに追い越されているかもしれませんねぇ・・・。


そういえば“半田健人「俺の聴きかた」”という公式ブログもかなり読みごたえがありますので、興味のある方は読んでみてください。
だいぶ前から更新されていないようですが、こういうのを書籍化してくれたらいいのにと思います。
文筆家としても活躍できること間違いなしのマルチな才能を持った半田健人に今後も期待します!


さて、いろんなことをふまえまして、彼自身の歌う「ジョニィへの伝言」をお聴きください。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。