スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ぼ~ん ぼ~ん♪から始まるBeat Itはやんちゃ魂に火をつける?

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
(2005/12/07)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る




 マイケル・ジャクソンのDangerousツアー開幕 1992年6月27日 


今日はDangerousツアーの初日をドイツ・ミュンヘンで迎えた日。
BADツアーでもうツアーはこれで最後だと宣言したマイケルですが、チャリティーを目的にステージへ戻りかつて誰も見たことがないようなショーにしたいという言葉通りに、それはとても素晴らしいものとなりました。途中で中断せざるを得なかったのは無念でなりませんが、マイケルの公式ライブDVDはこのDangerousツアーの時のものだけですから、そちらで何度も楽しませていただきましょう。
あまりの興奮状態で失神してしまってもDVDなら何度でも繰り返せるので心配ありませんw


さて、今日はそんな歴史に残るといっても過言ではないDangerousツアーに入る前の、ネバーランド(マイケルの自宅)で行われたリハーサルの映像を見てみたいと思います。

THIS IS ITのリハーサルでは「I Just Can't Stop Loving You」で思わず力が入ってしまったマイケルが照れ隠しのように「本気で歌わせないでくれ」みたいなことを言ったシーンがありますが、長年親交のあったライオネル・リッチーも「マイケルの地声は本当は低いんだけど、喉への負担が軽くなるように普段は高音で喋るんだ」と言っていて、そんな配慮からかDangerousのリハーサルでも抑え気味で歌っているのがわかります。

ダンスもそうですが、肩の力は抜いているけれど気を抜いているというわけではなく、冷静に動きなどを確認しているという感じで、鼻歌のようでもそれはそれで魅力的なのです。


ただ「Beat It」の時だけは何故か様子の違うマイケルでした。


この曲の時だけテンション高くてノリノリなんですよね~ 笑 
ツッコみたいところはたくさんありますが、1:37~の「ぴちゃくちゃぴちゃくちゃ・・・♪」(←何歌ってるかわかんねぇ~w)歌ってるとこが私にはツボでした。


で、本番です。


乱闘の仲裁に入るという芝居がかったシーンがあったり、その後の群舞も見せどころで「Beat It」というのはマイケルのやんちゃ魂に火をつける曲なのかなぁ~と思います。
それから忘れてはならないのがクレーンを使っていることです。マイケルは高いところが大好きなので、いやがうえにも気持ちがたかぶってしまったのかもしれませんね^^
関連記事
スポンサーサイト

初めまして。

確かに失神しても大丈夫ですねwww
曲が始まる前に1分くらい立ってただけで
気絶者続出ですから、マイケルのすごさが
分かりますよね。

Beat itは結構テンション高めの曲ですもんねw
個人的にはYou are not aloneが好きだったりしますw 

2011.06.28 22:29 雷阿 raia #- URL[EDIT]
Re: 雷阿 raiaさん

はじめまして~

マイケルのコンサートへ行った時のためにDVDで何度もシミュレーションしましたが、
直視できないほど高揚してしまって、実際の会場にいたら多分失神してたと思いますw

人それぞれお気に入り曲がありますね^^
You are not aloneはあまりコンサートではやってほしくない曲です。
(ハグガールに嫉妬しますw)

2011.06.29 00:58 Mika #- URL[EDIT]

Mikaさん、おはようございます♪

素敵な動画ありがとうございますm(__)m
彼のキレの有り過ぎる程の、キレのいいダンスが大好きでした。
まだまだ、ずっと私達を楽しませてくれるはずだったのに…

2011.06.29 08:41 kazkoline #- URL[EDIT]
Re: kazkolineさん

マイケルのダンスはキレがある上、しなやかですよね。
暴れまわっても下品にならないところがさすがだと思います。

今はもう、ゆっくり休んでほしいなぁ~
でも、空の上でのびのびと踊りまくってるかもしれませんね^^

2011.06.29 20:47 Mika #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。