スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Remember the Timeは誰の歌?

ダイアナ・トリビュート~ダイアナ元英皇太子妃追悼アルバムダイアナ・トリビュート~ダイアナ元英皇太子妃追悼アルバム
(1997/12/03)
オムニバス、ブルース・スプリングスティーン 他

商品詳細を見る




 ダイアナ元イギリス皇太子妃 7月1日生まれ 


今年4月にイギリスのウィリアム王子がキャサリンさんと結婚し、ウィリアム王子の母であるダイアナ元妃の美しい面影を思い出していた方も多いのではないでしょうか。

今日はマイケル・ジャクソンの「Dirty Diana」のお話をするつもりでしたが、ダイアナ元妃とは直接関係のない話に流れてしまいそうなのと、文章も思考もまとまらずで一旦逃げることにしました(笑)。
Dirty Dianaはまた機会を改めてお話しますね。

あ、でもちょっとだけ。
1988年にコンサートでマイケルと面会したダイアナ妃(←当時の呼び方で呼ばせていただきます)はセットリストにDirty Dianaが入っていないことを知り、「あの曲大好きなのに」と残念がっていたそうです。Dirty Dianaのダイアナは悪女のように描かれていますから、ダイアナ妃やロイヤルファミリー、イギリスの観客の前で歌うわけにはいかなかったのでしょうが、もし歌っていたらちょっとした珍事として歴史の片隅に残っていたかもしれません。
でも当時からマスコミは意地悪でしたから、叩かれていた可能性が高いかな。。



3:57~の映像でカメラマンの声にマイケルダイアナ妃だけが反応し視線を交わした後、互いに軽く肩をすくめる仕草をしています。以心伝心といおうかアイコンタクトだけで会話している感じですね。


・・・プライベートでも電話で話すほど二人は親しくなっていったといいます。

この二人の関係性から連想されるのが1992年に発売された「Remember the Time」です。
この曲はマイケルの二番目の妻とのことを歌ったという説や、ダイアナ・ロスに捧げられたという話もありますが、真相は何であれそれぞれの解釈でいいのではないかと思います。
芸術にはたったひとつの正解があるわけではなく、答えをいくらでも膨らませることができるから面白いのではないでしょうか。

それをふまえていただいた上で私なりの考察なのですが、ダイアナ妃の存在もイマジネーションの源として、この作品に影響を残していたのではないかと、ある時ふと思ったのです。

Remember the Timeは深い男女の情愛というより初恋のような初々しさを、そして慣れ合った恋人というより憧れの人に対する清らかな思いといったものが感じられます(あくまで個人の感想です)。


いくつか気になるフレーズがあります。

●Do You Remember The Time When We First Met,Girl?
 何度か繰り返される「初めてあった時のことを覚えてる?」という問いかけ

●We'd Stay On The Phone At Night Till Dawn
●Remember The Times On The Phone You And Me
 明け方まで話した電話に関する記述が二度出てくること

●Spain というヨーロッパの国名

・・・などから、
衝撃的な出会い→なかなか会うことはできない→電話での会話がほとんど→国境を越えないと会えないような距離感(または立場の違い)→それってダイアナ妃か!?・・・などと連想したわけです。


さらにこの発想を後押しするものとして、不可解なショートフィルムの存在があります。
歌詞と全然関係ないじゃん!ってまず思います(笑)。
ダイアナ妃を連想したわりには(・・・って決めつけっw)日常的な思いをつづった歌詞ですが、ショートフィルムでは豪華絢爛なセットに王様と女王様がドカッと座りなんともゴージャスなムード。
以前、「Liberian Girlの不思議」という記事の中でRemenber the Timeで表現した世界を本当は描きたかったのではないかという話をしましたがそのリベンジ(?)とともに、ダイアナ妃を美しい女王に重ね合わせていたということも、ひとつには考えられることではないでしょうか。

YouTube→ Remember the Time 


マイケルにとってダイアナ妃はおそらく好みのタイプだったでしょう。それと同時にイギリス王室の方とも対等に話せるようになった自分を誇らしく感じていたようにも思います。

Remember the Timeでマイケルが奪ったのはクイーンの心(そして唇w)でしたが、「いつか俺だってプリンセスを奪っちゃうかもよ♡」という野望を、もしかしたらマイケルは抱いていたのかもしれません。


・・・信じるか信じないかはあなた次第ですw
(いや、信じない方がいいかもww)



michael-meets-princess-diana-before-his-concert-at-wembley41-m-2.jpg
二人とも穏やかな笑顔。。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。