スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

蓄音機の日(一昨日)

シャンソン 1 【メンブラン10CDセット】シャンソン 1 【メンブラン10CDセット】
アーティスト:オムニバス、エディット・ピアフ、シャルル・アズナヴール、アンリ・サルヴァドール他
販売元:Membran
発売日:2008-04-25
クチコミを見る




7月31日は蓄音機の日です。そこで昨日は初めて蓄音機に接した人の感想などを取り上げてみました。

今日は石川県にある金沢蓄音器館をご紹介します。
リンク先へ飛んでいただくとおわかりのように、常時140台蓄音機が展示され、試聴もできるとのこと。
金沢へは行ったことがありませんが、兼六園などと併せて行ってみたいものです。
兼六園といえば、やはり雪の季節がいいのかなぁ~?

リンク先の動画では、カンツォーネがなんともよい雰囲気を出していますね^^ 私はシャンソンをかけてみたいな。。



バラ色の人生/エディット・ピアフ


昨日紹介した寺田寅彦の随筆では「あささらでこするような、またフライパンのたぎるような雑音」、または「雑音の混入が、あたかも三色版の面にきたないしみの散点したと同様・・・」などと評されていますが、そこが今となっては蓄音機魅力となっているのではないでしょうか^^

便利幸福とは必ずしも同義ではない」という言葉を、当時の寺田さんは違う意味で使われたのかもしれませんが、移りゆく時代を思うにつけ、私たちは何か大きなものを失いながら生きているのでは、という思いが強くなってしまいます。。

こんなふうに思いを廻らせてしまうのはきっと、蓄音機からの音色が郷愁を感じさせるからかなぁ。。。

↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。