スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ピンチをチャンスに変える男 ラリー・グラハム

いかしたファンキー・ラジオいかしたファンキー・ラジオ
(1998/02/25)
ラリー・グラハムグラハム・セントラル・ステーション

商品詳細を見る



 ラリー・グラハム 8月14日生まれ 


ラリー・グラハムの経歴をたどって面白いのが、決して順風満帆な音楽活動ではなかったこと。
でも、他人から見て「これはピンチ!」と思うようなことも代替案などで見事に切り抜けているのです。


親がミュージシャンだったため、いろんな楽器に子供の頃からふれていたようです。本人はギターをやりたかったものの、母親のバンドで必要に迫られベースを演奏し、また、ドラムが抜けてしまってパーカッション的な音を出すため編み出されたのが、スラップ奏法と呼ばれる独自の弾き方だったそうで。

その後、20歳でスライ&ザ・ファミリー・ストーンに加入→ ドラッグにはまりラリったスライに「貴様、バンドをのっとる気だな」とかなんとか因縁つけられ殺されそうに(!)→ 70年代にバンド脱退後、プロデュースする予定だったバンドに自ら加入し、グラハム・セントラル・ステーションとしてヒットを出す→ メンバーが離れてしまいバンド解散後の80年代、ソロのバラード歌手としても活躍→ 90年代にはプリンスとの共演や、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの一部のメンバーとグラハム・セントラル・ステーションの再結成・・・


ラリーにはヤバい状況のあとに必ずというぐらい事態を好転させる力があるのです!
彼の豪快で鮮やかな演奏を見ていると、なんとなく人柄が出ているようで面白いですね。




普段はベースというと縁の下の力持ちのような印象ですが、主役級の華やかさがあります!
Pow - グラハム・セントラル・ステーション




今月16日にスライ・ストーンが約30年ぶりの新譜(I'm Back! Family & Friends)をリリースします。
ラリー・グラハムのような打たれ強さのなかったスライですが、久しぶりにこれは嬉しいニュース!

SLY STONE - I Want to Take You Higher (Feat. Jeff Beck) by Cleopatra Records


ただ・・・欲を言うならこのメンバー↓で復活してほしいなぁ・・・
YouTube→ スライ&ザ・ファミリー・ストーン Live 1969
関連記事
スポンサーサイト

ラリーグラハム大好きです!ヤッホー!
スライにそんな因縁をつけられていたとは知りませんでした。確かにベースにしては華やかで存在感ありますからね~

2011.08.15 16:38 omoji #- URL[EDIT]
Re: omojiさん

おクスリ怖いですね~ スライは発砲したこともあるみたいです あわわわ
スライ&ザ・ファミリー・ストーンのメンバーがラリーのバンドに参加していたのは
最初YouTubeで知ったんですが、ある意味のっとりですねw
でも、生きてるうちに仲直り(?)してほしいなぁ・・・と。

2011.08.15 22:31 Mika #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。