スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

それでも微笑むことの大切さ

ヒストリーヒストリー
アーティスト:マイケル・ジャクソン
SMJ(2010-06-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



ここのところマイケル話が続いて申し訳ないのですが、この暑さのせいか音楽業界もなかなか目立った動きがないので、お許しください(ホントかー?)

マイケルの誕生日に好きな曲を挙げてみましたが、我ながら
「なんかフツーだw」と思ってしまいました(笑)
その時々で順位が入れ替わるのは常なんですが、ここ一年ぐらいはこのベスト3変わってないですね。
それはマイケルがいなくなってしまったことや『THIS IS IT』が公開されたことも大きく関係していると思います。
それまではライブが近いこともあって、シングルカットされてない曲やパフォーマンスしたことのない曲ばかりに思いをはせていました。
見たことも聞いたこともないようなものを期待していました。
デモやレア(未公開)曲のほうが好きだったりしたのも、ライブ姿を想像しただけでわくわくしてくるからです。。

でも実際『THIS IS IT』を観たら、やっぱりマイケルはこうでなくちゃいけないんだな、って思いました。
「みんなが聴きたい曲をやる」ってこういう意味だったのかと。
ヒットした曲にはそれなりのワケがあって、マイケルはそれをただの流行歌としてじゃなく、時代とともに進化させ、芸術として昇華させていったんだ・・・。それはまぎれもなく見たことも聞いたこともないマイケルの姿でした。
耳になじんだ曲でもまだまだ底知れぬパワーメッセージを感じるし、理解しきれていない部分もあるだろうと思うと、もっと一曲一曲大切に聴いてゆきたいと思っています。

ストレートにマイケルの心情をあらわしたものや、人生を象徴するような曲が今は好きですね。

中でもSmileは美しいメロディと歌声ながら、マイケルの屈強さが表れているようにも感じます(マイケルの作った曲ではありませんが)。それは先日紹介したマザー・テレサの、「辛い時にも微笑みなさい」という教えに通じていろように思います。
アルバムHIStoryは最後にSmileが収録されていて、それがこのアルバムを好きな理由です。また、アルバムHIStoryに収録されているからこそ、私はSmileを好きになりました。



HIStoryが発売された頃、多くの世間の人たちはマイケルに対して疑念を抱いていました。マイケルはそんな不条理に、Screamから始まるこのアルバムのディスク2で、怒り、悲しみ、嘆き、訴えていました。

それでもマイケルは、微笑むことの大切さを教えてくれました。

だからSmileが好きなんです。Michael+Jackson+michael+smile

↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
こんばんは(^◇^)

先日フレディーマーキュリーさんのにコメを残してつもりだったのですが残っていませんでしたね(汗;) 
まずは遅れましたがお引っ越しおめでとうございます(^◇^)これからもMikaさんパワー全開でお願いしますv-218
ところでSmileはMikaさんに紹介されてから知った曲だったのですが…。私も大好きです!(^^)!
初めのころ私は、曲調や、曲のかっこよさだけでMichaelの曲の好き嫌い(嫌いなんてないですけど(笑))を選んでいましたので何を伝えたいのかを考えながら聞くことができたんです!
おかげさまで現在は好きな曲の幅が広がっています(*^。^*)

2010.09.28 20:38 Haruka #- URL[EDIT]
Re: こんばんは(^◇^)

Harukaさん、どうもありがとうv-415

あれれ、コメどこいっちゃったんだろう???
こちらの不手際だったら申し訳ないv-356
引っ越ししてもまだカテゴリとか整理できてなくて、
少しずつ片づけてるとこです。。

Smileはマイケルが表舞台へ戻ってきたとき
(つまりTHIS IS ITで)、歌ってほしい曲でした。。
それを想定して動画も作ったんだけど、ははは;;

私もまだまだ理解しきれてない部分も多いので、
これからも追っていきますv-290 一生かかるかもだけどv-392


2010.09.29 13:02 Mika #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。