FC2ブログ

カテゴリ:懐かしの邦楽 ~80年代 の記事一覧

雨音はショパンの調べ (I Like Chopin)





「アンニュイ」という言葉が「an・an」などの雑誌で使われだしたのは80年代頃でしょうか。
その言葉にピタリとはまっていたのが女優の小林麻美
90年代に入ってから田辺エージェンシーの社長との結婚を機に引退してしまったので、お若い方はご存じないでしょうが、独特の存在感を放つ大人の女性というイメージの方でした。
彼女は歌手としても活躍していて、84年にガゼボの「I Like Chopin」のカバーがヒットしました。

当時の私は洋楽に興味を持ち始めた頃で、ガゼボのファーストアルバムは特にお気に入り。
英語は得意ではなかったものの「I Like Chopin」は歌詞カード見ながら歌っていました。
なので、松任谷由実の訳詞によるカバー曲で日本語でも歌えるようになって嬉しく思いました。
詞の内容はだいぶ変わったようですが、そこは全然気にしなかったのです^^;


こちらからお聴きください→ 雨音はショパンの調べ/小林麻美 


こちらが「本家」 I Like Chopin/ガゼボ 夜のヒットスタジオに出演してたんですね~!


小林麻美本人はTVで歌いたかったと発言していたそうですが、結局一度もTVで披露する機会はありませんでした。この曲以前にはバラエティー番組等にも出ていたようですが、アンニュイなキャラクターは所属事務所やレコード会社の戦略であったかもしれません^^

私も生放送などで観るよりは「小林麻美も納豆とか食べるのかなぁ~?」なんて想像しながら、実体のつかめない美女へのイマジネーションを膨らませているほうがよかったと思います。
(どんなイマジネーションやねんw)

ガゼボの生出演も観てよかったのか、悪かったのか・・・。いやまぁ、よかったです。。^^;


「雨音はショパンの調べ」がリリースされた同じ年、「哀しみのスパイ」も発売されました。
この曲もまた小林麻美のミステリアスさが引き出されていていい曲だったと思います。
子供だった私が漢字の「悲しみ」と「哀しみ」の違いを理解するようになったのは、たぶん
この曲からでした。

ロングバージョンはさらにドラマチック。。。 哀しみのスパイ/小林麻美




どうしたらこんなに
色っぽくなれるの~?
e0019145_23423868.jpg
Happy Birthday!


↓ ランキングに
参加しています♪
にほんブログ村 芸能ブログへ

時を超えてもゴダイゴは素晴らしい。


↑(左)とってもゴージャスなBox Set♪ (中)(右)ちょいとレア曲を収録♪



子供時代、当時人気のあったアイドルには目もくれず、夢中でゴダイゴを聴いていました。
ゴダイゴというグループは非常にインパクトがあって、どんなグループにも似てないオリジナリティーがありました。
今じゃ普通だよと言われるでしょうが、英語の歌詞を歌うこととか外国人のメンバーがいることとか、メロディーもちょっと不思議な異次元の世界へ連れて行かれるようで新鮮な音色でした。

そしてタケカワユキヒデというヴォーカリストがとにかく魅力的でした。
声は柔らかくのびやかで、音へのノリかたは自然で軽やか、笑顔にもわざとらしさがなく、子供ながらなんてナチュラルで素敵な人なんでしょうと憧れていたんです。

今になってまたあの頃の映像が見られるなんて;;
今見てもやっぱり素敵だな~と思います。
そして初めてご覧になる方にもこの魅力が伝わるといいな~と思います。




銀河鉄道999/ゴダイゴ(東映映画「銀河鉄道999」主題歌)





モンキー・マジック/ゴダイゴ(日本テレビ系 夏目雅子主演のドラマ「西遊記」主題歌)




Happy Birthday,TAKE!
img7bbbd3c1zikfzj.jpeg



 ↓ ぽちっ
と、お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ

人気ブログランキングへ

上を向いて歩こう

上を向いて歩こう坂本九物語 [DVD]上を向いて歩こう坂本九物語 [DVD]
出演:山口達也
ビクターエンタテインメント(2005-11-25)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



1985年の今日、日本航空123便が墜落、520名が死亡するという事故が起きました(4名は生存)。
あれから25年経ちますが、一瞬にして多くの人の命が奪われたことに、呆然としながらニュースを見たのを覚えています。
そしてその飛行機には大阪へ向かうはずだった「きゅうちゃん」こと歌手の坂本九が乗っていたのです。

彼はソロデビューから間もない1963年、アメリカのビルボード誌のヒットチャートで、日本人初となる第一位3週連続で獲得します。以来、一位に輝いた日本人は一人としていません。

でも、私の記憶の片隅にいるさんというのは、驕ったところがなくいつも穏やかな笑顔を浮かべている人だという印象です。

この曲『上を向いて歩こう』ですが、アメリカでは何故か『SUKIYAKI』として知られています。何故なんでしょうね(笑)


と、ここでこの動画をアップしてくださった方の説明で衝撃の事実を知りました。もともとこの曲は先にヨーロッパでヒットしていたようです。
そして・・・ 

「フランスなどでは原題と同じ意味のタイトルで発売されたが、イギリスでは「SUKIYAKI」、ベルギーやオランダでは「忘れ得ぬ芸者ベイビー」と改題され、それぞれヒットした。」と、あります。

えっ 「忘れ得ぬ芸者ベイビー」って 爆
どういうセンスだよっwwww

ま、それはともかく・・・
彼は生前、ボランティア活動などにも積極的に参加していたと聞きますし、九さんの歌う曲は『上を向いて歩こう』のほか、『明日があるさ』『幸せなら手をたたこう』など、ポジティブな曲が多くて、励まされた人はたくさんいるんじゃないでしょうか。

それらの曲はすべて私が生まれる前の曲ですが(←ここははっきり言っとかないとw)それでも知っていた。それが昭和という時代だったのかなー。 ・・・てなことをふと思いました。。

・・・B面の
「あの娘の名前はなんてんかな」
も気になりますwwww →img_1022093_20638339_0

↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

祝結婚!玉置浩二&青田典子

この人と結婚していいの? (新潮文庫)この人と結婚していいの? (新潮文庫)
著者:石井 希尚
販売元:新潮社
発売日:2002-11
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



おふたり、結婚されたそうで。。 ちょっとビックリ。。。
いやぁ でも、おめでたいことですよね!!!
世間はワイワイしばらく騒がしいかもしれませんが、
どうかお幸せに^^





※一番上で紹介した書籍はAmazonで「結婚」というキーワードで検索したら始めに出てきた商品でして、その、他意はございませんっ。

 ↓ ↓ ↓ ポチッ
と、お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

中森明菜の誕生日

Recollection~中森明菜スーパー・ベスト~Recollection~中森明菜スーパー・ベスト~
アーティスト:中森明菜
販売元:ダブリューイーエー・ジャパン
発売日:1998-05-25
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



いやぁ~ YouTubeって便利ですねぇ~(今さらかよ^^;)
昔の「ザ・ベストテン」とか「夜のヒットスタジオ」とか、見たい時にいつでも見られるようになるなんて思いもしませんでした。もっとも、著作権の問題やら本当はいろいろあるとは思いますが。でも、よいものは未来に繋げてゆくべきだなと思います。

で、中森明菜。。。
彼女ならではの世界があって好きでした。たとえば「ミ・アモーレ」「SAND BEIGE」「ジプシー・クィーン」「AL-MAUJ」といった異国情緒あふれる曲は、彼女でなくては表現できない世界ではなかったでしょうか。

そして私が特に好きだったのが「難破船」「TATOO」
この2曲は87年、88年と一年しないうちに発表された曲ですが、まるで別人のようです。
歌うというより演じ分けてるといった感じですね。
歌の世界の主人公になりきり、歌の世界に引き込んでくれたのが明菜さんでした・・・





にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村